« アメリカ、新100ドル札を、2013年10月8日に発行 | トップページ | アラビア語とヘブライ語の宣伝、通貨。 »

2013年9月 5日 (木)

モジラのスマホ、決済できる、Firefox OS搭載してる。

>   出典、http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Interview/20130807/497167/

>ハイスペックなFirefox OSスマホが間もなく出る---モジラVPのRick Fant氏 >米Mozilla CorporationVice President、Apps and Marketplace Rick Fant氏、2013/08/08、大谷 晃司=ITpro (筆者)

 

 すでに2013年、 ヨーロッパが7月から、南米が8月から発売されているらしい。

>決済機能付きスマートフォンの一般販売が2013年7月にスペインとポーランドで、8月1日から南米のコロンビアとベネズエラで開始された

  米Mozilla の副社長、談話に、よると、

>(Marketplace、 (決済機能のジャバスクリプト、))も

>Firefox OS搭載スマートフォンの一般販売に合わせて提供を開始している。評判は上々だ。

>導入して間もないのでどの程度Marketplaceが利用されているかといったデータは今のところ持ち合わせていない。

>Marketplaceの特徴はFacebookやTwitter、Wikipediaといったトップブランドのアプリを既にラインアップしていることだ。


> Marketplaceでアプリ開発者がアプリを配布する際、そこに付帯するビジネス上の条件がない点、自由な点が他のアプリマーケットとは異なるユニークな点だ。

>例えばMozillaが提供していない決済方法を採用したい開発者がいたら、

>Paypalなど他の決済手段を自由に選んでもらっていい。

>こういった自由裁量度を高くすることで、ユーザーの使い勝手がよくなり、イノベーションが加速すると考えている。

 すでに報道されているように、ペイパル有料、モジラ無料なら、

どっちを使うか? って、露骨に書いていないけど、やはりジャマされたり、ハックされて妨害されたり、しんぱいのなのだろうか?

 ほかの報道によると、

 >モジラの支払いシステム( navigator.mozPay() )は、それはクレジットカード情報の交換ではなく、(ローカルな)トークンの交換処理になる。 

>つまり、クレジットカードから、トークンに価値を移す、きわめて単純率直な方法で支払を処理できる。

 ここも、すこしあいまいに書いて報道されている。だからこそ、話が煮詰まっていけば、

 オープンソースとして、だれがモジラトークンの総量を管理するのか、というながれになるだろう。

 まずは、32ビットの大きさとか、64ビットの大きさとかに、なる。

 で、それを、だれが管理、保証できるか? と、いうことになって、

 そのときは、やはり、

   プログラム(決済処理)による、多数決の、正当な処理だけきろくする。

  と、いうことになるのだろうな。

 それにしても、モジラのスマホ、まったく、報道されないなぁ。

日本の報道など立場としては、見たくない、変化なのだろうな。

===

スマホとは、何か? っと、いうと、「友達と経済に安心」、じゃないかな???

よく夜道に独り歩きの女性が、ケータイで話しながら歩いてる。あれは、会話もあるだろうが、安心があるんじゃないかな?

それから、お金がなくても、スマホがあれば、決済ができる。この決済機能もすごく安心だ。  なにかのときには頼りにできる魔法の鍵になりそうだ。

>     新興国特有の「国内送金」というニーズに

>     携帯電話は既に欠かせない存在になっている。

>出典、http://diamond.jp/articles/-/34442?page=3

>“50ドルスマホ”普及で新興国ローカル端末が急伸!?
低価格携帯端末に向けた三井物産の狙い

===

« アメリカ、新100ドル札を、2013年10月8日に発行 | トップページ | アラビア語とヘブライ語の宣伝、通貨。 »

送金・電子通貨」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1952729/53153643

この記事へのトラックバック一覧です: モジラのスマホ、決済できる、Firefox OS搭載してる。:

« アメリカ、新100ドル札を、2013年10月8日に発行 | トップページ | アラビア語とヘブライ語の宣伝、通貨。 »