« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013年11月29日 (金)

ビットコインの使い方

>ビットコインが1000ドルを回復 ゲーム会社、ポルノ・サイト……果ては野村証券系ファンドまで参戦?

>出典、http://markethack.net/archives/51906079.html

カジノに、クスリ(健康情報だよ)、シークレットブーツもビットコインを使いたい。

=== 

ビットコイン、ウォレットの記事だが、ウォレットのリスト、と、いうことは、ビットコインを入れ 「られる」 リストと、いうことなんであるまいか。~~ そうだね。そうだよね。 うそじゃないおだよね。

>https://en.bitcoin.it/wiki/Clients

>Table(名前データのリスト表)~~

>Bitcoin Wallet ¥   、 Google Play Black、Berry World ¥

>~~

あ、グーグルのウォレットに、ビットコインが入ると、勘違いしたようだ。グーグルプレイ(という場所に)に、 ビットコインのウォレットがダウンロードできるように、用意されている。 ~~と、いうことなんだろうね。 (勘違い、だとおもう。グーグルも、ビットコインも使っていないのでね。)

それだからこそね。 どこのウォレットにもビットコインは入るようになると思うよ。 ~だよね。 まずウォレットに入れないことには、決済も、送金も、できないからね。 使い方ではないけど、

使いかって良くなるように、 だよね。

>出典、http://bitcoin.sblo.jp/article/81537831.html

>Bitcoin memo 、2013年11月28日、
>決定論的ウォレットとは・仮想通貨がもたらすソフトウェアの可能性(と危険性)

===

ビットコインの送金、料金について。 解説してる。

>送金額が0.01BTC以下なら送金手数料として0.0001BTCが必要になるそうです。

 ビットコインが、どんどん切り上る。 と、現在、千ドル越えてるから、

 十ドル以下の、送金は、一セント料金、とられる。 の、だね。

それで、 料金は増やせるらしい、増やすと、 早く処理される。

はやく、カネをとどけることができる。  って、おもしろいね。やるね。  設計するのも、たのしいかもね。

>出典、http://gs-bitcoin.com/2013/11/27/bitcoinの送金手数料っていったいどういうことなのさ/

>、「新・ビットコインをはじめよう」、Bitcoinの送金手数料っていったいどういうことなのさ1 、By Zak On 27 11月 2013 In クライアントソフト

> 2.spam除けのために少額決済は金取るよ(^ν^)
送金額が0.01BTC以下なら送金手数料として0.0001BTCが必要になるそうです。

>ちなみに「送金手数料が安くなりました」の記事で触れたように手数料はクライアントソフトで任意に変更でき(増やせ)ます。

>うろ覚えですが、送金手数料を増やすとトランザクションの優先度が上がり送金が早くなるというのをどこかで見た気がします。

===

ウォレットを作るのは簡単。 しかし、登録するのは難しいことらしい。

なんでも、10日くらい待たされるらしい。

それは、クレジットカードをつかって、ビットコインを販売していることと関係があるのかもしれない

100ドルくらいの手数料と、どこかに書いてあった。たくさん買えば、100ドルも、 高くはないかと、  いうところかなんだね。

===

なんといっても、ビットコインの使い方の、王道は、まず少しでも早くかって、  そのまま、 放置しておく、  て、使い方。 だね。

王者の、 ビットコインの使い方。  て、だよね。

2013年11月27日 (水)

仮想通貨は多数決がいい。

ビットコインの暗号と、多数決の、関係はよくわからない。

それならば、多数決で、だれも責任を知らない、中心のない、通貨を設計というか、デザインしてみたら。 そうだよね。つくってみればわかるよね。 っと、言うことで考えてみるよね。

イ、数学の公理のような、前提条件が必要やんね。

ロ、誰か情熱(損得抜きで、)を持って正当に管理する人が、最初には必要だよね。(後々、利益になる設計もできる。)

ハ、悪意があっても、壊せない仕組み。

二、警察のような、安全保障は、ない。必要ないように、設計しないと、だやね。

A、すでにある、トークンは、絶対だ。すべて、正しいトークン。 だ。

B、価値・保証される。 料金(価値・カネ)を払う。

C、価値・保証する。  カネをもらう。

D、トークンは、持ち主を(ウォレットを)、証明する。

E、ウォレット(持ち主、)は、トークンを特定して、使用する。

 前提は、このくらい。 かな。

===

それでは、動きを書いていくよ。仕組みが動く、と、 「これ」 働き。だね。

すべて、

1、トークンを使いたい人(ウォレット)の、ために動く。(ウォレットからリクエスト)

 

2、 1、の列の順番を、100までで、区切る。そのさきは、バゲ(BadGateWay)にする。(その先は全部お断りだね)(悪意の注文を)

3、リクエストを実行する、URL(プログラム・サーバ)が、列を作って待ち、 トークンを書き換える。

 a、トークン書き換え、実行する、URLをきめる。(実行、の列の先頭)

 b、乱数で、証人・承認・のURLを、五個えらぶ、(列から)

 c、リクエスト、情報を伝える、トークン(ナンバー)、移動先ウォレット、(価値はトークンの価値、相対的、分割処理もするかもね。)

 d、5個のURLはなにをするかね。トークンのチェーンをしらべて、前があったら、よし。 正当と、実行役に、つたえる。

 e、五個のURLが、チェーンの前があることを、承認したら。実行役URLは、トークン(の、持ち主を)を書き換える、 つまり、次のウォレットのものになる。

 f、これだと、トークン取引がすべて、記録される。けどね。 ま、最初は安定、簡単に設計。

4、参加した、7個のURLを 列からけして、おわりだよ。

5、トークンファイルの、URLは、次のウォレットをまつ。要求列と、実行列を、100で切る。 (つまり、1、にもどる)。

===

この程度で、、取引の安全と、価値の保証は、できるんじゃ、ないだよね。 できるよね。(列を全部、バゲにするのは、悪意の攻撃対策。)

1、トークンを持ってないと、参加できない、

2、トークンは絶対正しい。

 この二つが、現金と同じで、トークン・ファイルを二重化して、壊れないようにしておけば、どうなんだろう。 だいじょうぶだね。 だよね。

2013年11月24日 (日)

ビットコインを盗むとは? 三つの行動で、ようやっとカネが盗れる

 ビットコインの仕組みを理解できる。泥棒の行動である。

どうやったら、盗れるかという事がわかれば、ビットコインの仕組みもわかる。 ~~んだよね。

 この記事の見出しは良い工夫した。  よね。 もちろん、泥棒のやり方は書いていない。

  泥棒は家から金を盗むと、説明しているだけで、カギの開け方や、カネのある家の見つけ方。 なんかは、説明していないよ。

 ビットコインは、場所と、権利の移し方、金の引き出し。 この三つの行動が必要。  って、 「こと」 を説明している。 から、

  ビットコインの仕組みも、はぁ、 ?? わかるって、 だよね。 

>出典、http://gigazine.net/news/20131225-how-to-steal-bitcoin/   >>2013年12月25日 20時00分26秒
>ビットコインを簡単に盗み出すための3つのステップとは?

>所有者を記録する公開帳簿が存在します。

>ビットコインを手に入れることで特定のアドレスを開くことのできる暗号キー(秘密鍵)も所有することになり、

>この秘密鍵こそがビットコインの所有者であることを保証してくれる唯一の証拠となります。

 あとは、ビットコインの交換記録を、水増しして、混合。

 最後は、ドル札に換金して、3っつのステップ 終了

                      ~~て、だね。だよね。

秘密カギが、インターネットアドレスのURL、 らしいね。 

そのものなのかもね。 ネームコインはインタネットアドレスを生成するネームサーバを自前で持って、作動させる。 ~~ので、ネームコインという、命名(ネームド、Named) 「され」 たらしい。  ~~からね。

===

  多数決の正当は、投票ないと、「なく」なる

価値の保証は、「記録して証明」 できることだろう。

そこで、悪意は、証明できなくしてしまう。ことを考えたのかもしれない。

通貨の価値は、元帳で 「ある」 と、考える。  ファイルなのだよね。

で、これに偽データを書き込むと、自分が悪意で、稼いだカネも価値が 「なく」 なる。 

通貨の価値が欲しいのだから、壊したら、だね。 これゃ! だめ!! ってことだね。

まあ、データを書き込むのも、売りばかり書き込んで、下がったら、大きく買うって、操作をした形跡があったとかいってるから、だよね。

多数決の弱みは、暴力で発言できないと、 って、だめだよね。 まあ、カネの話だから、最終決着は多数決なんだけどね。  そのまえに、平和で気兼ねなく、多数決が保障されていたほうがいいよね。 ~~ね、だね。

有料記事を読んで、インターネット犯罪をやっつけて欲しいが、正義のヒーローもスーパーマンは暴力なんだよね。 やはりねぇ~~ たよね。

>キーワード、検索 >クリプト通貨(仮想通貨)

>出典、http://scan.netsecurity.ne.jp/article/2013/11/20/32979.html

>Bitcoin 黙示録! その最高峰のクリプト通貨はハイジャックされる恐れがあると研究者たちが警告~新しい研究「利己的な採掘者たちは Bitcoin の分散型の設計を狂わせるかもしれない」(The Register)、2013年11月20日(水) 08時30分

>※本記事は有料版メールマガジンに全文を掲載しました、© The Register. 、(翻訳:フリーライター 江添佳代子)

>>>>記事の内容を示唆する、次の見出し、

>謎の DDoS 攻撃は、いかにして 100Gbps のパケットを送りこみ、 Bitcoin の取引サイトをねじ伏せようとしたのか~DDos 対策企業、標的の名を本誌に明かす(The Register)

>それはゾンビ化された PC のドローンでなく、侵害されたサーバのネットワークの動力を得た攻撃と考えるのが最も有力だろうと彼は語った。不安定なサーバ装置を「徴用」して DDoS 攻撃のリソースとする行為は、こ...

===

2013年11月21日 (木)

ビットコインの価値は、暗号であるか? 多数決なの?

ビットコインの価値、に、ついていえば、

暗号であるから価値が保証される。  と、説明されている。ところが、ビットコインの本当のかちの、 

  「保証書」 は、多数決で、間違った暗号解読が 「無視」 される。 

        、と、いう仕組みにあるのでは? ないのかな??

>出典、http://d.hatena.ne.jp/equilibrista/20131120/p1

>なぜットコインは乱高下するのか  、2013-11-20 、(Yoshi Noguchi

@equilibrista)(著者)

(誰でも書き換えることができる) 家計簿を書いて、べつに暗号なしでも、多数決で、正当な情報だけを、保存すると、その、家計簿の書いてある、「そのままの」 カネが、家計簿の 「持ち主のカネ」 って、ことで、

 銀行と、給料支払い会社、商品売るお店、 ~~などなど、参加者が多数決で、決めれば、承認すれば、良いわけで。  ~~そういう、こと、じゃあないのかな。

その (誰でも書き換えることができる) 家計簿に、持ち主が、入金100円と、書いても、銀行が賛成しなければ、無視される、

 家計簿に入金を書くときには、A銀行から、100円入金と、かかないとだめなんだよね。  そのとき、A銀行は100円、出金する。

それで、給料支払い会社は、無関係になったけど、この家計簿の 「こと」を 賛成する。

 この、もうひとりの賛成、~~其処が、ビットコインの価値を保証している。  ~~のではないかな?

そもそも、給料支払い会社は、どこから価値を持ってきたかといえば、ビットコインの暗号を 「解いて、もらった」  価値でした。と、そんな状態でいいんじゃないのかな? 

 著者の言う

>端的に言って、ビットコインには「ファンダメンタルズ」が存在していない。それ、円やドルにはあるのかって?毎日バランスシートが公開されているじゃないか。

通貨にあるバランスシートは、ビットコインにもあって、

毎日、どこで、だれが、使ったか? わかるようになっている。

検索しても、ビットコインブロックチェーンとか、各国・各地の両替サーバーの記録は、公開・オープンソースになっている。

ただ、似たような、ビットコインNo2 なんか、まだ作られていないようだ。

 ビットコインNo2は、 ビットコインとはまったく別物になる。しかし、ビットコインの 「偽物」を作って利益になるか? 

 ~~?? だよね。 ビットコインのプログラムはだれでも、つかえるらしい。

 このあたりから  もうすでに、 多数決だよね。

===

ビットコインの中心のない、正当性の保証の、「理由」、なぜ、

だれも責任を、問われずに、正当が保証できるのか?

暗号をつかう、暗号を解く、処理時間を、保証して 「いる」 のではないかな?

私の理解していたアルゴリズムは、多数決、だったので、取引記録の、確認を複数のサーバー(相対以外の、URLを扱い、くわえる)で、

多数決を実現していると、アルゴリズムを考えたのだが、どうもよくわからない。

>出典、http://blogos.com/article/74466/

>楠 正憲(筆者)、2013年11月25日 09:00 >Bitcoin考: 貨幣的な、あまりに貨幣的な

 この記事の中に、サトシ・なかもと の「原論文が翻訳」と紹介されていた。

>http://www.bitcoin.co.jp/docs/SatoshiWhitepaper.pdf

>ビットコイン:P2P 電子マネーシステム、中本 哲史、 satoshi@gmx.com、 www.bitcoin.co.jp 

これを読んでも、よくわからない。

まず、

1、価値を記録した、チェーン、リンク、これは絶対に信頼できる。(まず、信頼する。記録して、読み出せると、信頼する。)

2、暗号による、書き換え時間の長さが、悪意の操作を無効にする。

で、どこが? 多数決なんだろうか? 時間的に悪意の書き換えができないと。 ~~説明があったようだが。

 どうも、私の考えていた、多数決によるアルゴリズムとは、違うようだよね。 はて、

 信頼する、前のチェーンの内容を、暗号で読み出して、他者にわからなくしているのかな?

チェーンの存在、インデックス(指標・アドレス)は、あんごうではないようね?

 ハッシュ値は、何を指しているのだろうか? それがあいまい、

チェーンがハッシュ値なの、 ~~なのかね、~なんだようかね?

===

2013年11月14日 (木)

No2、ビットコインをとりまく世界のメモ

>出典、http://bitcoin.sblo.jp/article/81378235.html

>2013年11月26日 、 米国連邦選挙委員会、Bitcoin献金は当面却下、「ビットコインメモ」(筆者)、

===

>出典、http://markethack.net/archives/51900882.html

>2013年11月23日09:42 、 中国人民銀行(副総裁)がビットコインを「黙認する」と発言

===

アフリカ、  2013年8月、インテル、11月、 モトローラ 、低価格スマホ

携帯電話の送金が、経済の本流になって、金が流れる。

    メール送金の最先端、市場は、アフリカらしい。 ( そこでは、おさきに、現金払い器械や銀行より、メール決済)  が、すでに主流になって、今後さらに発達する。(もはや、カード決済はないだろう、ATMはともかく、銀行もいらないんじゃないか?)

>出典、http://eedu.jp/blog/2013/08/28/intel-yolo-smartphone/

>ネーミングはラップの歌から! インテル初のアフリカ向け低価格スマートフォン「Yolo」、  「トジョウエンジン 、 2013.08.28 (水)、 (編集長 佐藤 慶一)」

ページにある、関連記事

>ケニアの人々のお金の流れと生活を変えたモバイル送金サービス「M-PESA(エムペサ)」

===

>グーグルの傘下、米モトローラ、低価格の新型スマートフォン(多機能携帯電話)「モトG」を発売。 > 時事通信 11月14日(木)10時8分配信

>低価格で、販売拡大を目指す。 

 

 日本の携帯電話が、高機能だと、時事通信の、記事には書いてるが、    どこ? が、高機能とは書いてない。 

 ただ、高機能だ、と書いてあるだけ、~~実質・高いだけじゃないの???

===

ビットコイン関連の新規参加、が、あいつぎ、銀行取引を停止される。

>出典、http://bitcoin.sblo.jp/article/80964446.html

>ビットコインメモ、「Bitcoin memo」、 P2P型仮想通貨、Bitcoinの気になったニュースを地味に拾うブログ、(※Bitcoinの取引はご自身の判断と責任で)

>(銀行が取引を嫌う理由は、)、そもそも、Bitcoinが銀行の業務と競合していること、Bitcoin業者との取引が利益になりにくい

送金や、ATM使用料、など、カネを動かすと銀行の利益になる。

それを、ただでやってしまう。ビットコインは銀行の敵だ、かたきだ。

それで、ビットコインは止まるのか? ビットコインの価値は銀行とは無縁で、ある、銀行はシステムがビットコインの決済システムとぶつかっている。  衝突しているんだよね。

鉄道が駅馬車を止める。飛脚が郵便を止める。歴史的なしょうとつだもんね。 力関係は、どっちの味方が多いのか。という、社会化の強さだろうよね。

まだ、銀行取引をとめられると、なると、ビットコイン利用を隠す人が多いだろう。 まだしばらくは、銀行のほうが強いということで、多数派なんだろうね。

ただ、将来、ビットコインをとめられるか? それは、疑問だとおもう。 銀行といえ、人間が管理している。 賄賂も犯罪も、あって当然危険あるということだよね。  なら、ビットコインのほうが安全だということになる。

さらに、ビットコインが成功すれば、同じ仕組みの、通貨システムが増幅すると、つまり、ばい菌の様に増えていく。

    とくに、多数決で、正当・価値を、保証する。

    管理者のいない、電子貨幣・トークンの価値は、

    それが交換されうる。 って、だけで、銀行業務を、ほぼ、食いつぶしちゃうようね。 うそだよね。 悪夢だね。 銀行マンにとってはね。

===

>出典、 時事通信 11月21日(木)9時0分配信

>「ビットコイン」に懐疑的=仮想通貨の必要性認めず―NY連銀総裁 (見出し、検索キーワード)

>ニューヨーク連邦準備銀行のダドリー総裁は、~、「どうして代替物を持つ必要があるのか私には分からない」と強調した。 

ビットコインは、銀行が必要ない。 ~~のだから、銀行もビットコインを、「いらない」 だろう。 

そりゃ、当然の話だよね。国家の予算や、税金をあつかう立場の人たちに、銀行は将来も必要だろうとはかんじるけどね。ものを買う決済をする

「だけ」 の人たちには、銀行はいらないかもね。銀行からカネを借りたことありますか? 住宅ローンは投資じゃないからね。

あ、そうか、消費者ローンというのはつい、最近のことなのかな? 昔の銀行はカネを、増やす人にしか貸さなかったのだよね。そういう銀行はもう、いらないのじゃぁないのかな?

あ、うそだよね。銀行マンには信じられないようねぇなはなしで、ビットコインなんか。 まったく必要ないよ。 ~だよね。

===

ペイパル決済、有料の、先行きを何となく不安に思う理由、

ウォレットから、(おそらく、個人のウォレットに、)送金できる。

そして、おそらく、無料で、送金できる。 

  それが、キオスクの、ウォレット(電子財布)。

いま、スマホの、ウォレットから、どこかに送金できないのは、「やらない」 、の、だから。  個人のメールが送れ 「るの」 と、同じ理由で、カネのデータも、送れる。 必要なのは、カネを送った、ウォレットから消す 「こと」 だけ。 使ったカネが、消えればめーるとおなじって、ことなんだよね。 で、ペイパルの有料がつづける。 のかな。 て、のだよね。

>出典、http://blog.livedoor.jp/callthefalkon/archives/34438575.html

>ロシアの電子マネー企業、キウイがウォール街で熱烈支持されている 2013.11.25 、 美惑星フィロソフィア(筆者)

>(電子通貨、キウィは、)~(ATMから、)

>~電子通貨に両替してくれる訳です。

>送金、 ソーシャル・メディアでの「投げ銭」をし、
チケットの予約などをし、と、 色々な取引が出来ます。

ここで、送金の料金が、無料とは書いていない。、のだが、

送金と投げ銭は、利益がでる 「とは」 決まってない、利益のない送金もあるよね。 だが、それを有料にすると、どうなんだろうね。 ~~??? 無料にすると、おきゃくさんあつまってくるね。 そうだよね?  ~~だから、 やっぱ、 ペイパルはどうなるのかね? だよね。

===

>ビットコインでの支払い受付、アメリカのネット販売大手で2014年中に開始 >ハフポスト(筆者)

> ネット小売業のOverstock.comは2014年中にビットコインの支払いを受付ける計画である。

>出典、http://www.huffingtonpost.jp/techcrunch-japan/post_6517_b_4496424.html#

>Overstockは昨年10億ドルをわずかに越える売上を記録した。同社はNASDAQで取引されており、株価はその1年に109.29%上昇した。ビットコインを受け付けるというニュースによって、株価はその日だけで7.77%上がった。


>2013年の後半、数々の小売業がビットコインによる支払いを受け付け始め、OKCupid、Namecheap、Humble Bundleらが名を連ねた。

>慈善団体もデジタル通貨に理解を示しており、それは通常義援金にかかる手数料が不要だからだ。

>もしOverstockが計画通りに進めれば、ビットコインを受け付ける最大の米国拠点小売業者になる。

===

インフレが当たり前の、理由とは? 啓蒙と訳されているスピーチはなんと言っているのかな?

とにかく、変化がはじまり、拡大していく。 と、言うようなスピーチだ。 ビットコインはとめられないと、言っている。 の、だろうね。

とめられない。止まらない。ビットコインの先に変化が広がっている。  んだね。 ~~そんな講演だろうね。 、だおね。

>[ロバートキヨサキ] 貴金属エキスパート マイク•マロニー ビットコインを語る 、ユーチューブ・動画

>出典、http://www.youtube.com/watch?v=yHIXjh2hRcE

===

>出典、 NNA 1月6日(月)8時30分配信

>香港、仮想通貨ATMが香港上陸へ、世界2カ所目

> 世界初 の、昨年10月のカナダ、バンクーバーについで、

>「ビットコイン」向け現金自動預払機(ATM)が、今月末までに設置される見通しとなった。

>5日付サウスチャイナ・モーニングポストが伝えた。

===

>出典、http://japan.cnet.com/news/service/35042348/

>Overstock.com、Bitcoinを受け付け--オンライン小売業者で初
Rachel King (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2014/01/10 11:31

> Overstock.comが米国時間1月9日、決済手段としてBitcoinを受け入れる最初のオンライン小売業者になると発表したことで、BitcoinはEコマースのメインストリームという目標に一気に近づいた。

> Overstock.comは決済の処理とBitcoinの米ドルへの換金に関して、Coinbase.comと提携している。Coinbase.comはBitcoinの売買プロセスを手がけるサンフランシスコの新興企業だ。

 まずは、ウォレットが、あっちもこっちもいっぱい必要だが、やがて、一つのウォレットで、 多種の、通貨を管理できるようになるだろうね。 そうなると、そっちのウォレットのほうが、利用料金を取れるサービスに成長するかもね。

 多数の(内緒の、秘密資金の、)管理はオフライン、で、自分のパソコンだけで管理するようになる。 かもね? 

===

2013年11月 9日 (土)

下げる理由がない、ビットコイン、年内1000ドル

オゥッ! すげぇぇぇ!

 あっという間に、300ドル、200ドルから50%、飛躍。リップルもつれて上昇。

このつぎ、50%上げは、450ドルで、これは500ドルだろう。ココまで吹いたら、1000ドル年内、と、感じる。

 とりま、下げる理由があったら、話違うが、~~~下げる理由がない。

株は分割があるし、金塊は金山開発で供給が増える。保管料もかかる。

ビットコインはそういった、下げ理由がない。

===

ビットコンを 「ケニア地域(私有)、  の 『決済トークン』 」 に両替。

>携帯電話で送金できるサービスの、キポチ(ケニアの会社Kipochi)、通貨トークンと、ビットコイン、交換サービスする。

~~~ と、言うことは、今ビットコインが、値上がりしているから、M-Pesa(モバイル・ペソ??)より、ビットコインで保有している。とうぜん、値上がり期待。

  ???  おそらく、両替料金は、安くないだろう、1%でも、3ドルだから、現地通過のレートしだいでは

          相当高い。料金になる。 だろう

 ???それでもビットコインで保有すると思う。 下がる理由がないのだから。 私有通貨の、M-Pesa より、ビットコインだろう。

よくわからないが、いまでも、現地(ケニア)では、有利・強い通貨として、 ドルが使われているらしい、(旅行者ブログなど、 検索、>ケニア 物価 査証)

そういう状況で、ビットコインのウオレットが、信頼されたら。ドルを吸い込むだろう。 下がる理由がない。 下がるはずがない。 世界中の小口・個人の、へそくり・隠匿資金の流入先になるだろう。

>出典、http://blog.goo.ne.jp/jiten4u/e/93c9adfc58b702c790c6d8407940b099

>ケニアの会社Kipochiは、送金のBitcoinとM-Pesaをリンクさせる。2013-07-11 09:53:44 | Weblog、「世界のメディア・ニュース」(筆者)

===

 まずは、1000ドル、 次は10000ドル、 ~~~どこまで?? あがるかなぁ?

===

>出典、http://www.kankeri02.com/bitcoin

>仮想通貨ビットコインが面白すぎる!海外送金は銀行不要の世界になるかもしれない!、「© 2013 kankeri02 - カンボジアで起業(筆者)」

このサイトは、面白い。銀行不要の送金は、国家の法律で、ビットコインが止められるか? と、いう実験だよね。

言葉が、「通じない」 のと同じ、国家共同体は、やはり壁が必要。

ビットコインが止まらないと、両替料金、両替規制ということになるか? 実際、中国では、グーグルは見えない・読めないらしい。~~からね。

どこまで、ビットコインの壁が、高くなるか? つまり、料金がどこまでたかくなるか? 両替・交換料金だよね。 

モバイル・携帯決済のふえることは、国家の発行するカネの価値を安定させると思う。~~ぎゃくにね。 

  さて、 明日は、どうなるのかな?  おもしろいね。  カネの話だから、ほんとにおもしろいね。

===

ビットコインの下げる理由を思いついた。下がるはずがないと思っていたら、500ドル~900ドルで、もみ合っている。

このさき、ビットコインが、上がらないと考えている。~~そんな人たちがいて、売りつけ・換金しているのだろう。

売り抜けているわけだ。 そう、 「ビットコインのNo2」 を、企画しているのかもしれない。

同じプログラムを使ったら ビットコインは増え 「ない」 のだろう 。

しかし、同じプログラムを使って、 「別の」 取引所を作ると。

暗号を、あたらしく、売り始めることができる。 ~~~問題は買ってくれる人がいるか?  ??って、ところにあるんだけれどね。

金価格が上がると、金鉱山が新しく開発 「される」 理由になる。 って理由と同じだね。しかし、暗号はそれを交換する人たちの、あいだで 「だけ」 意味を持つ。 盗聴や、解読は、その人たちの 「こと」 を、しりたいわけで、暗号には価値はない。(もちろん、秘密保持の価値は 「ある」 よね。それはね! あるよ!!)

そう考えて(気が付いて)、ビットコインを見直すと、交換システムが暗号の価値になっている。 交換システムに信頼された暗号が価値なんだね。 つまり、信頼される。 って、ところが、多数決の原理で、少しでも信頼されるほうが、大きくなるが、No2、No3、~~という存在も。  必要とされる。んだね、 2匹目のドジョウとかいってるよね。だいたい、3匹目まではいるらしい、けどね。 それが、逆に一匹目のドジョウの価値を引き下げて、安定させる。 そんな、りゆうなんだね。 やはり、 「ないっ」 というのは、宇宙の果てくらいで、それだって、どこかにあるのかもしれないね。

===

2013年11月 7日 (木)

ビットコイン、史上高値更新

ビットコイン、買いの中心は中国に移った。

>今や、中国最大のビットコイン取引所の「BTCChina」は、取引量で日本にサーバーがある世界最大のビットコイン取引所「Mt.Gox」に迫る勢いを見せています。

>また、中国には数多くのビットコイン交換所が乱立しており、ビットコイン相場に与える中国の影響度は非常に大きいことも指摘されています。

元の偽札が多量にある。それが原因となって、ビットコイン利用が増えているのだろう。

ニュースは一時取り上げるだけで消えていくが、流通している偽札は、消えない。

偽札は作れるが、今現在のところ、ビットコインは 「ニセモノ」 ない。

>出典、GIGAZINE、2013年11月06日 15時46分00秒、

 

>http://gigazine.net/news/20131106-bitcoin-price-record/

>ビットコインが史上最高値を更新、相場の行方は中国が握っていることが判明

2013年11月 4日 (月)

スクェアのメール送金の説明、

>http://news.mynavi.jp/news/2013/10/17/081/

>Squareがメールで送金できる「Square Cash」の一般提供を開始、末岡洋子  [2013/10/17](筆者)、マイナビニュース

>相手側は自分のデビットカードを入力すると、金額を受け取ることができるという仕組みだ。送金は1~2日で完了するという。

>Squareへの登録は不要、サービスも無料で利用できる。

デビットカードの業者から、相手はメールを受け取る。 システムだ。

   しかし、どこでスクェアは料金を取るのだろう?

相手はだれから送金されたか、分かるなら、相手のデビットカードの情報も分かるのだろうか?

    まあ、それは、隠すだろうな。

なんというか? 恐竜のような鈍重な送金システムで、

    二日もかかるって、滅び行く有料決済。

        の、姿のようで、スクェアのサイトでも宣伝できないようで、書いていない。

2013年11月 3日 (日)

電子通貨のオープンループとは

電子マネーを卒論に、読んでオモシロい。

>出典、http://open.shonan.bunkyo.ac.jp/~hatakama/zemi/seimiya.pdf

>A1p21107 清宮義久(筆者)

電子通貨の価値が、利用者のあいだ(P2P)で、移動するのが、

オープン・ループ型の電子マネーと、説明している。よくわかる。

この分類では、発行業者が単一で、説明されているが、発行業者が複数の場合もあるな。

 つまり、A銀行から発行されて、B銀行に「価値を戻す」 と、言うことがある。

さらに、国境を越えて、価値が移動する。そのとき、は、

オープン・ループの電子通貨になる。どうしても、トークンそれだけで、信用・価値を、保証 「できないと!」 だね。

===

>出典、http://blogos.com/article/75470/

>Web標準化の関係者たちが語る、標準化の現実と前進のための処方箋(前編)。HTML5 Conference 2013

>Googleの及川です。こんな地味なセッションで立ち見が出るのは何かの間違いじゃないかって、さっき登壇者の人たちと話していたのですが、正直言うと非常に嬉しいです。

 世は、オープンソースの大人気が、地味なところまで拡散していよいよ当たり前ですごい本流になっているのですね。

それが、逆にリナックスとか、ビルドするなんて人たちの魔法使いか? 錬金術技術者か? 、と、いったようなできる人の価値を増やしているように感じますね。 そういう魔法使いたちは互いにオープンソースから利益を引き出す。勉強をつづけているのだよね。

>石井 標準化をやってる人たちの中で「後ろから撃たれる」っていうんですが、(国際標準の場などで)さんざん調整したあとで

>「そんな中途半端な機能なら日本はいらない」とかっていうメールが突然飛び込んできて、日本人からそれをいわれるとつらいなと。

縦書き文章とか、右から左に書くアラビア語とか、大体言語そのものが違いを作って「いく」 ものなんだから、標準化というのは流れに掉さす。行動なんで 「ある」 よね。 棹差すというのは本来は流れのって速度を増すという、用法だったらしい。 のだよね。 

さおさすことが、その、標準化かもしれないね。で、そのさおはどっちに向かって指されているのか、魔法使いたちは煙霧の向こうに、標準化をおしているのかもしれないね。 

ただ、ビットコイン関連で言えば、トークン(電子通貨単位・名称)の相互評・流通できような、ウォレットが標準化されると、カネの話からケンカもほどほどにおさまるような、国境紛争も増えるかもしれないね。商売はケンカよりいいからね。得になることだからね。  そうだよね。

===

2013年11月 2日 (土)

ビットコインで支払いできる。 中国とイランの貿易

>出典、http://www.xinhua.jp/socioeconomy/photonews/364610/

>イラン報道、「中国が石油代金2兆円を支払わない」 米国の制裁で銀行使えず―中国メディア、 2013年11月01日

>銀行は米国の制裁を受けている。中国は支払わないのではなく、支払う方法がないだけだ」と説明した。

 分かりやすい日本語に書くと、

当然、( ドル資産はあっても)、中国はドル紙幣を持っていない。

アメリカの銀行が頼りなのだ。

 しかし、ビットコインで支払うことはできる。いくつかの、可能性が試験される。

1、本当にビットコインは止められないのか?

2、中国はイランが原爆を持つ、それでもよいのか?

3、原子力の平和利用は世界中に広がるのか?

 ??? まだあるかもしれない。一番、重要なのは、やはり、

本当にビットコインは止まらないのか? という、実験だろう。

ビットコインが止まらないのなら、アメリカの銀行によるドル決済の禁止は、強制力があって、しかし、貿易をとめることはできない。

 それだから、アメリカの「損失だけ」 残ることになる。

さらにその先は、想像もできない、驚きの変化が、「広がって」いる。

 ある、世界に二つか三つの大国同士の、なれあい、をビットコインは剥ぎ取ってしまうようだよね。

中国はビットコイン決済を「ためさないだろう」、と、想像する。  けどね。

===

http://japanese.irib.ir/news/latest-news/item/41106-イランと中国の関係拡大に向けた強い決意

>IRIBラジオ日本語(イラン・ジャパニーズ・ラジオ) 2013/11/02(土曜) 19:26

 日付では、いちにち、続報。

>1日金曜夕方、ラーリージャーニー議長は中国訪問

の4日間の日程を終えてイランに帰国し、テヘランで「イランと中国は様々な分野での関係を持ち、経済と貿易の分野で比較的よい関係を有している」と述べました。

>中国は強い決意を持って、富の点で、また外国の投資の誘致や技術の点で大きな発展を遂げることができたと指摘し、「上海はこうした投資の中心である」と述べました。

ビットコインの利用は検討されたのだろうか?

 石油決済に利用されると、ビットコインは1万ドルくらいに、はねあがるかもね。

現物価値の金は盗まれる心配がある。ビットコインはそういう心配はない。 

パスワードを知っていると誘拐されて、死ぬかもしれないけどね。

しかし、だれが持っているか分からない、隠匿資金・隠し金にはぴったりの、「価値保証かも」 しれないね。

ビットコインのパスワード管理をコンピュータ機械がやると裏切られる心配がない。

 そのコンピュータの管理を複数の、人間に任せれば、為替管理ができるかもね。

 元でビットコイン購入して、イランリアルで評価する。原爆ミサイルのように、3人以上の当直銀行マンが、送金管理する。

 送るときは、「発射と、」 いうのかな??

まあ、複数人間がコンピュータを管理すれば、裏切られる心配はないし、誘拐される心配もないだろうな。 

 それにしても、だれが、管理してるのか名前は秘密だな。

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »