« ビットコインを盗むとは? 三つの行動で、ようやっとカネが盗れる | トップページ | ビットコインの使い方 »

2013年11月27日 (水)

仮想通貨は多数決がいい。

ビットコインの暗号と、多数決の、関係はよくわからない。

それならば、多数決で、だれも責任を知らない、中心のない、通貨を設計というか、デザインしてみたら。 そうだよね。つくってみればわかるよね。 っと、言うことで考えてみるよね。

イ、数学の公理のような、前提条件が必要やんね。

ロ、誰か情熱(損得抜きで、)を持って正当に管理する人が、最初には必要だよね。(後々、利益になる設計もできる。)

ハ、悪意があっても、壊せない仕組み。

二、警察のような、安全保障は、ない。必要ないように、設計しないと、だやね。

A、すでにある、トークンは、絶対だ。すべて、正しいトークン。 だ。

B、価値・保証される。 料金(価値・カネ)を払う。

C、価値・保証する。  カネをもらう。

D、トークンは、持ち主を(ウォレットを)、証明する。

E、ウォレット(持ち主、)は、トークンを特定して、使用する。

 前提は、このくらい。 かな。

===

それでは、動きを書いていくよ。仕組みが動く、と、 「これ」 働き。だね。

すべて、

1、トークンを使いたい人(ウォレット)の、ために動く。(ウォレットからリクエスト)

 

2、 1、の列の順番を、100までで、区切る。そのさきは、バゲ(BadGateWay)にする。(その先は全部お断りだね)(悪意の注文を)

3、リクエストを実行する、URL(プログラム・サーバ)が、列を作って待ち、 トークンを書き換える。

 a、トークン書き換え、実行する、URLをきめる。(実行、の列の先頭)

 b、乱数で、証人・承認・のURLを、五個えらぶ、(列から)

 c、リクエスト、情報を伝える、トークン(ナンバー)、移動先ウォレット、(価値はトークンの価値、相対的、分割処理もするかもね。)

 d、5個のURLはなにをするかね。トークンのチェーンをしらべて、前があったら、よし。 正当と、実行役に、つたえる。

 e、五個のURLが、チェーンの前があることを、承認したら。実行役URLは、トークン(の、持ち主を)を書き換える、 つまり、次のウォレットのものになる。

 f、これだと、トークン取引がすべて、記録される。けどね。 ま、最初は安定、簡単に設計。

4、参加した、7個のURLを 列からけして、おわりだよ。

5、トークンファイルの、URLは、次のウォレットをまつ。要求列と、実行列を、100で切る。 (つまり、1、にもどる)。

===

この程度で、、取引の安全と、価値の保証は、できるんじゃ、ないだよね。 できるよね。(列を全部、バゲにするのは、悪意の攻撃対策。)

1、トークンを持ってないと、参加できない、

2、トークンは絶対正しい。

 この二つが、現金と同じで、トークン・ファイルを二重化して、壊れないようにしておけば、どうなんだろう。 だいじょうぶだね。 だよね。

« ビットコインを盗むとは? 三つの行動で、ようやっとカネが盗れる | トップページ | ビットコインの使い方 »

電子通貨をオープンソースでつくる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1952729/54066778

この記事へのトラックバック一覧です: 仮想通貨は多数決がいい。:

« ビットコインを盗むとは? 三つの行動で、ようやっとカネが盗れる | トップページ | ビットコインの使い方 »