« 中国、元でのビットコイン、支払いサービスを禁止、 | トップページ | 未来予想、仮想通貨の方向 »

2013年12月29日 (日)

仮想通貨は、物理的に何が必要か

情報だけの、電子通貨に、なにが必要か? それが決まればソフトの仕組みだけで、確実な価値が保証できる。(金の代替になる)

 と、おもったので考えてみるね。これは、生命に必要な条件とおなじだね。酸素・水素、~~というと、必要だがあるのが前提。

 生命にとって、水が必要、~~これでもまだ靴の底、生命にとって、食料、温度、それを守る住居、が(物理的に)必要。 と、このレベルで考えないと、オープンソースの、情報は消えてしまいそうだよね。 消えるというの死ぬことだね。 生きるためにはそれなりの世界でないと生きられないのだね だよね。

A、サーバだが、本当に必要なのは、ページ

 A、a 自分のサーバではだめ、かえって危険。どこかの誰かの、1ページを使う。

 A、b 無料サーバに、暗号で、カネの情報をきろくする。

 A、c だれも、自分の情報を書き換えることが出来ない。

 A、d 最初期の、管理者だけが、すべてを管理するが。副生物はどんどんどこか他のサーバーに増えていく。

 A、x 結局、どこかのサーバの上に、作業メモリと記録スペースが必要。

B、 その他、二重払いをさけるために、時間管理が必要。

 どこかに、誰かの、時間の基準になる、「今の」時間を提供する

サーバが必要。 かな、 だよね。 これ、今もあるしただつかえそうでないかな? だよね。 でも、物理的に必要。

    ********

Job(仕組み)

J、1、トークンを使いたい、ウォレット   のサーバの上の記録スペースと、作動メモリ。  (仮想通貨にはいらないが、これは、実際はどこかに無いと、仕組みとして成り立たない。 これらは、実際には同じサーバかもしれない。しかし、個別の独立した(URLのちがう)一つの仕組みで、他とは干渉しない。(他人のファイルは書けない))

 

J、2、トークン(電子通貨の、インデックス・見出し)を、つかう「とき」

クラウド(雲の中)と、利用者を、つなげる為の、社会基盤・ライン

   J、2、a これも、トークンファイルには必要ではないが、トークンファイルを使うためには、必須の物理的な連絡路。

    *****

つまりは、物理的に必要な、「もの」 は、

  サーバー上のクラウドサービス。 と、いうことになる。

社会基盤の、Web サービスがあれば、仮想通貨は生き続ける。

   ってことなんだね。

サーバーの管理者が、データを、書き換える危険を避けるため、

   暗号で、保存 「する」 なら。 って、いうことなんだね。 そうだよね。 ???

===

ミーム(自己増殖、複製伝播する、情報)、が価値を持つ。

 「その」 価値 の 比較

>出典、http://wired.jp/2013/12/27/dogecoin-cryptocurrency/

>2013.12.27 FRI 、Dogecoin:ミームから生まれた柴犬印の暗号通貨

>ただ、いまのところ(ドッグコインの)価値は非常に低い。1Dogecoinがわずか0.00000036BTC(ビットコイン)もしくは0.00023ドルの価値しかなく、

 つまり、500Dgc ~で~ 約1円 ということか? すごいじゃん。

無料サーバに、ソフトをアップして、一ページ確保するだけで、こんなにすごい、価値を生み出す。

 >その第一が「Litecoin」で、現在約23ドルの価値がある。2011年にスタート

>新興の「Novacoin」は13ドル、(すごい、100ドルいくか?)

>「Namecoin」は4.30ドル、( ?? ここは、ネームサーバ自前)

>「Peercoin」は3.25ドル、( 低エネルギー消費のアルゴリズムに大きな力点を置いている )

、ほかにもたくさんの通貨がある。

 無視されているが、リップル(通貨) は、どうだろう。

ほぼ、ビットコインと、同じチャートを作っている。 つまり、ビットコインよりは、多額の、 ビットコインを超える、(ドルを、)価値をチャージされている。( リップルはマイニングとか、ないから、もうすでに、ビットコインいじょの~~ドルを吸い込んでいる、 ~~だね)

 そう~~だよね。

===

結論を言うと。

いま現在の Web状況ぐらいで、「仮想」 電子通貨の相対取引(p2p決済)は、存在「でき」る。 と、いえるだよね。そうだよね。

つまり、物理的に必要なのは、

 1、Web無料サービス と、管理者から価値内容を「隠す」暗号

 2、時間や日付 の決定サービス。

 3、利用者と、通貨、「仮想」 ファイル の、情報 「連絡」 路

 だから、あらたまって、物理的に必要なものはないって、ことになったよ。そうだよね。 ??

 ほんとかな? って、ことで、それでは、どんな信号・情報が流れると仮想通貨になるのか? って、かんがえてみろって、ことだよね。

 ながれる信号・情報が、、積み木のように、構造体をつくり、

   価値を記録して、証明できる。 なら、それ、じょとうだよね。トク上等だよね。  そうだよね。

つぎは、電子通貨ファイルを、ながれる、信号・情報はなにか?

===

« 中国、元でのビットコイン、支払いサービスを禁止、 | トップページ | 未来予想、仮想通貨の方向 »

電子通貨をオープンソースでつくる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1952729/54418903

この記事へのトラックバック一覧です: 仮想通貨は、物理的に何が必要か:

« 中国、元でのビットコイン、支払いサービスを禁止、 | トップページ | 未来予想、仮想通貨の方向 »