« ビットコインの投資家たち | トップページ | 仮想通貨は、物理的に何が必要か »

2013年12月19日 (木)

中国、元でのビットコイン、支払いサービスを禁止、

>出典、http://bylines.news.yahoo.co.jp/kimuramasato/20131218-00030778/

>ビットコインが大暴落 中国最大の取引所が(元の)入金停止
木村 正人 (筆者)、 在英国際ジャーナリスト、2013年12月18日 22時10分

>中国人民銀行(中央銀行)が12月5日、

>中国国内の金融機関に対してビットコインを利用した金融サービスを禁止する、通達。

>さらに17日には、

>(2014年)1月31日からネット上の第三者支払いサービス会社にも適用する。

>第三者支払いサービス会社のYeePayが18日、ビットコインの取り扱い停止をBTCチャイナに通告したため、BTCチャイナは、人民元建ての入金停止を発表したという。

>BTCチャイナは顧客からお金を預かり、一定の手数料を取ってビットコインの売買注文に応じていた。

>中国人民銀行は個人が自己責任でビットコインを取引することは禁じていないものの、第三者支払いサービス会社のビットコイン取引を禁止したことで、ビットコインを新たに購入するのは事実上、不可能になった。

>ビットコイン支持者は、当局がビットコインを全面禁止するのは不可能だと主張しているが、中国人民銀行による規制で中国国内のビットコイン市場が崩壊したことで、その他の国でも存続の危機に直面しそうだ。

   > 第三者支払いサービス会社 とは、送金サービス、なのだろうと想像する。

結局、中国から、元が流れ出すのを、とめる。 そんなめいれいだよね。

===

同様に、アメリカでも、ビットコイン業者に、「国際送金事業者」、として登録することを命令した。 らしい。

>Bitcoinを用いた業務を行う場合には、関連法規の規制の対象となり、国際送金などを行う場合には国際送金事業者としての許認可を受ける必要があるとする見解を伝えたとしている。

>出典、http://www.businessnewsline.com/biztech/201312180337080000.html

>米財務省、国内の大部分のBitcoin業者に対して事実上の業務停止命令、  Posted Yesterday, by Andrew Holmes、© BusinessNewsline、>12月17日付けのChicago Tribuneによると

 親元記事はシカゴトリビューンらしい。

想像すると、海外送金事業者は、簡単には認可されないのだろう。

===

それでは、カナダのように、ATMで、ビットコインを販売している。こういう小口の、商売をとめる事ができるか? 

中国でたんす預金、している金を、ビットコインのウォレットにためることをとめる事が、できるか? であるが、

警官や、税務署員が、たんす預金をするようなら、ビットコインはとめられないと、 ~~て、ことになるんだね。そうなると、

 まさに、ビットコインの総数が、垂れ流しにならないと、いうことが保証されないとだめだね、 インフレSVビットコインと、いうことになる。

 ~~んんだね。 まず、世界の常識、インフレは、正常だってことが。

  疑われる。 って、だよね。 ビットコインがデフレ傾向だというのだが、ビットコインNo2が、 すぐに流通するだろうし。

 インフレは、つづくだろうけどね。 それが、正常って、うたがいだよね。 ~~どうなんだろね。  ???

===

次は、インドでビットコインが舞う。 ??? 

インドのインフレは土地持ち家持ちの、賃貸し収入を狙う金持の政策だった。 ??? とかね。

  時間列で見ると、 この 「あと」、続報でインド経済事情で、消費者物価を~うんぬん。と、報道あったよね。

>インド中銀が金融政策見直し、消費者物価の安定に軸足移す可能性(ロイター)2013年12月25日(水)3時17分配信

 それはともかく、インドでもビットコインは、ルピーの底に穴を開けているようだ。

>出典、http://flamenco.main.jp/kabu/?p=1872

>「Virtual World 株式シミュレーション」(筆者) >08、12月 2013、Bitcoin • 英文ニュース和訳

>次のビットコイン沸騰市場はインドかも知れない(Forbes記事和訳)

>インド国内でルピーでBitcoinを買い、それをUSBメモリーに入れ、飛行機に乗ってどこかへ行き、Bitcoinをあなた好みのローカル通貨で売る。
>中国ではこのようなことが起こっていますが、それはBitcoinのローカル価格は国際的価格より高いからです。

 インフレ政策の、弱い通貨の国は、高値でビットコインを買う。

 ビットコインNo2 の、まったくあたらしい電子通貨でも、1ドルより高値が付いているらしい。

 そのような、仮想・電子通貨の流動させている さやとり、 市場が 「ある」 らしい。

>ですから、国内には大きな需要があるに違いありません。
もし私がハイテクに精通したインドの起業家だったら、そういったエリアにもっと注目するでしょう。

 まったくその通りだよね。 ビットコインが1000ドルなら、一ドルの無価値、電子通貨が、安くみえる。  って、ことかもね。

===

« ビットコインの投資家たち | トップページ | 仮想通貨は、物理的に何が必要か »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1952729/54310396

この記事へのトラックバック一覧です: 中国、元でのビットコイン、支払いサービスを禁止、:

« ビットコインの投資家たち | トップページ | 仮想通貨は、物理的に何が必要か »