« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月31日 (金)

ビットコインをとりまく世界のメモ(4)

> 2014年 2月3日、 ロイター 、  南アフリカの約6年ぶりの利上げに  > ゴーダン財務相、政府が協力する。

  ~~ と、ほうどうされた。

インドでも、つづいて、南ア、利上げしてるところは、余りニュースに出ない。やはり、カネの話は、理想の鏡。 って、ことかもね。

>2014年3月から、ビットコインを受け付ける。と、いう。

>アメリカ・プロバスケットボール、NBAサクラメント・キングスの、オーナーはインド出身。

>出典、http://tomoyasuzuki.jugem.jp/?eid=946

>ビットコインが米スポーツ界にも 、 鈴木友也(筆者) 2014年01月31日 13:06 

===

>中国ビットコインバブル再来なるか、BTCChinaが入金サービスを再開 、2014年01月31日 by CoinChannel

>資金を直接BTCChinaの口座に入金することで再びビットコインを買うことがてきるようになったという。

ビットコイン・チャイナ、と、送金業者の関係が記事からは読み取れないが、~~?? とにかく、元で、ビットコインを買える。 ~~らしい。 

?? おそらく金持が、すーっと、買うのは、障害になるのだろう。

しかし、たんす預金や、国際送金の実需・(日本からの送金とか)出来るなら、ビットコイン本来の価値が発揮される。 って、ことだよね。

===

===

>香港で道行く人に「ビットコイン」のお年玉 総額660万円相当

>香港、ビットコイン取引所が、お年玉、660万配る。(2014年の旧正月)

 使ってもらえば価値が分かる。と、勝負たって、ことだね。

送金業務で食ってる人たちは失業しそうだね。~~そんなことないよね。 ~~だよね。

===

>オーストラリアの企業、ビットコインのATM設置へ(ウォール・ストリート・ジャーナル日本版)、2014年2月7日(金)10:00

> 出典、http://jp.wsj.com/article/SB10001424052702303996604579364232991867734.html?dsk=y

意味不明な、記事だが、どうやら、オーストラリアでは

  自動販売機、とみなされているようだね。 買い取りもする自販機とはいい判断だよね。 資源国だからカネが入ってくるのは歓迎しますって、 そうだよね。 そうだろうね。

> オーストラリアでは、ビットコインのATMは預金受け入れ機関の一部ではなく、

>実質的に双方向(預け入れと払い出し)の機能を持つとみられるため、それを

>運営する上でライセンスは必要ない。ビットコインは法定通貨とみなされていないが、豪財務省はそれを見直すつもりはないとしている。

 ドルでも何でも、入って来い。 ~~ってことなんだね。 そうだよね。

===

2014年1月25日 (土)

ビットコインの使い方(No2)

アイスランド 、オーロラコインを、全国民に配布する。

国民のもつ、IDに対して、発行数の、50%のトークンを割り当てるらしい。

日本でも、 

  1、名前、2、生年月日、3、出生地、4、初回アクセス日時、

これくらいのデータにたいして、発行数の50%を、ばら撒きしたらいい。

 なんでそんなむだなことをする? ものずきな?? 

 そりゃとうぜん、50%は、発行者のりえきだって、 ことだよね。

最初は得する人が、賢いように見えるが。~~さて、残ったほうがとくなような。 計算だろう、 ~~もちろん、すぐに、50%だせるわけもない。

 1オーロラコイン、100円で買い取る資金があれば、ぼろもうけできそうだ。  って、ことだよね。  ?? そうだよね。

>開発者集団でもあるAuroracoinチームの声明は続く。

> (アイスランドの状態) 「こうした状況は海外投資に壊滅的な影響をもたらした。海外投資家は軒並みアイスランド企業を避ける。

>出資金をドルやユーロに戻せないリスクがあるからだ」

(だから、オーロラコインで、いつでも国外送金できる。)

(経済発展する、と、言う主張)

>出典、http://www.bitlywatch.com/2014/02/1176/

>オーロラコイン(Auroracoin)を全住民に配るアイスランドの深い事情、Posted 2月 6th, 2014 by bitlywatch and filed in news, translations

===

ジンバブエはインフレの国、カネの信用のない国。ここで、ビットコインを、 使 「えば」、 かの国の経済を立て直すかもしれないね。

>出典、http://fx.minkabu.jp/hikaku/fxbeginner/africa-e-currency-spreads/

>電子通貨の利用が広がるアフリカ。貿易では中国元が増加
【著者】矢口 新 2014年1月24日

破綻したカネの国が最先端を行く。

ドイツでインフレが止まらなかったとき、土地と交換すると国が保証することで、通貨価値が、信用された。

 たぶんに、気持の問題なのだよね。紙の札を、明日も持っていよう。考えるならまたインフレも、ほどほどに、おさまる。

インフレの困ったところは、札の印刷が追いつかないところだって、ことだよね。 1億円札は、一億枚の札が無価値になって、そのけっかだからね。

 ジンバブエでは、ドルに頼っているらしいが、お国の通貨が、紙くずになって、経済がまわらなくなってしまう。  ~って、こまっている。 

   札だけ見れば、超デフレになっている。 って、おもしろいね。

  ????

カネがないんだよ。千円札が、1億枚も無価値になったら、そりゃ、

商売できない。物々交換はげんかいがある。~~むりってことだね。

~~そうだよね。

そこで、ぎゃくに、それくらいダメな経済が、

>電子通貨で、ジンバブエが世界最初の流通通貨のない国になるとの観測もでてきている。

 ってえ、すごい最先端の経済に、変身ーん って、すごいね。

>貿易通貨としては、世界貿易の8.66%が元建てでなされているとの調査結果がでた。

 つまり、元は安定している。信頼はともかく、共産主義の変動が少ないカネだということだね。  ~~そうだよね。

===

ビットコインが、グーグルのウオレットに入る。かもしれない。

>(話題にすると)

>Malikはあきらめてない。「別に彼らはアイディアを却下してるわけではない。」「これによってやらざるを得なくなるかもしれない。」

>「グーグルが、まるでemailのようにお金を送受信できるようにし、ビットコインも我々の日々の生活の一部にしてしまうことを私は期待している。」

 オープンループのか電子通貨 なら、まったく、メールと同じに送金できる。

 (メールとの違いは、送ったウォレットの、カネを消すこと。)

ビットコインが成功したら、グーグルコインを出せる。これは、すべてグーグルの財産になる。(グーグルが管理する。~~ってことだね)

 それの、前あおりと違うかな? ビットコインを取り込んでも、何のマイナスもない。

みんなが、電子通貨になれてしまえば、グーグルコインは、なめらかに進水できる。 って、 そうだよね。 しかも使えば、責任は消えていく。 ~~こんな素晴らしい、電子通貨を利用しない、 ?? 

 そりゃないね。 って、そうだよね。

>グーグルがビットコインとの統合の可能性を探っている件

>出典、http://www.makfive.com/google-bitcoin/ >Simplife(筆者)

>元記事、フォーブス、Andy Greenberg, Forbes Staff  >Covering the worlds of data security, privacy and hacker culture. >Follow (1,280) >Security |  1/22/2014 @ 7:06PM |29,954 views

>Google Lets Slip That It's Exploring Possible Bitcoin Integration Plans

===

スターバックスのクーポンを、30%カットで、ビットコインに両替する。ウォレット、取引プラットフォーム、商売。 ~~って、この方向が有力。 じゃないかな?

  p2p、相対取引の仕組みは、クラウド(雲の中)と、暗号で作れる。

 しかし、現金と、クラウド(雲の中)の、虹の架け橋は難しい。

 流通業者が、お客の囲い込みを狙う。~~ その、仮想通貨・価値を、取引すれば、これからの成長が見込まれる。

~~ 

ウォレットで十分もうかる。寄らば大樹(ビットコイン)の陰。

>出典、http://www.bitlywatch.com/2014/02/1124/ 

>[CoinDesk] スターバックスのクーポンをBitcoinに替えられるオンライン取引所があるらしい、元記事、bitlywatch.com(ビットリィウォッチ)(翻訳記事)

===

2014年1月17日 (金)

ビットコインをとりまく世界のメモ、No3、(どじょう3匹目)

アップルがモバイル、決済サービス会社に変身か?

通信(会話だけ) より、決済サービス。 カネの管理のほうが利益になるだろう。 ~~ってことだね。 そうだよね。

> ウォールストリート・ジャーナルの報道によると、アップルはほかの小売業者も利用できる大規模なモバイル決済プラットフォームを計画しているもようだ。

>出典、 http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20140128-00039794-biz_jbp_j-nb

===

>米ネット通販大手TigerDirectがビットコイン決済導入へ  >2014年01月24日 by CoinChannel(筆者)

>Overstocck.comに続き、パソコンや家電製品などを扱う

>TigerDirect.com がビットコイン決済を開始

することを発表した。ビットコイン決済を受け入れる最大手企業となる。

>決済の処理にはBitpayを利用する。

 いまのところ、アメリカの報道が多いが、本当は、注目するのは、アフリカ、南東アジア、だお?

   ケータイ使って、銀行がない。 そんな地域が一番の、ダントツ本命だよ。 ??~そうだよね、

===

すごくたくさんの動きがあったので列挙

1、 >PayPal ビットコインのようなバーチャル通貨構築か!?

>出典、 2014-01-06 05:14:23 、 http://ameblo.jp/saats/entry-11743713623.html 、>おはようございます! SAATSの林です^^ (筆者)

>(元記事不明)報道によると、~~著作権の申請をしているという
ことです。

2、英イーベイ(eBay UK)、仮想通貨の売買が可能に

>出典、 2014年01月19日 、http://coinchannel.blog.jp/archives/2427104.html 、>ビットコインチャンネル(筆者)

3、 米プロバスケットボールNBAチームのサクラメント・キングスは、観戦チケットからチーム関連商品の購入に仮想通貨ビットコインの利用を認める方針。大手プロスポーツチームでは初めてとなる。

>出典、http://jp.wsj.com/article/SB10001424052702303919304579326122618947760.html?dsk=y 、>WSJ、JP(報道)

===

===

>米国ではテキサス州の上院議員候補がビットコインでの選挙活動寄付金を受け付けている

>Overstock.com、は、、Coinbase.comと提携してBitcoinで販売を開始した。(同社の株は上昇したと、報道された)

>出典、2014年1月16日(ブルームバーグ)

>http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MZH2NI6K50XU01.html

===

>「ビットコイン」について、利用者保護の観点から適切な規制を検討する必要があるという見方を示しました。

>出典、NHK報道、2014年(平成26年)1月17日[金曜日]

 あのぉ、、、ビットコインの、利用者に銀行はイランのですが、 ???

 消費者保護とか、代わりの決済システムの必要は感じないとか、盲腸、痛い、

(消費者保護は、確かインドの報道、代替の必要は感じないのはアメリカの連邦銀行の報道、で、日本は銀行の利用者保護、?? )

(ああ、盲腸、イタイ。クスリじゃ治らないなぁ、こわい?)

===

ビットコイン決済が始まると、今のビットコインが高いか安いか、相場のあしたは??

1、一瞬にして1200ドル、まだ安い。 >>1万ドル超える。

2、100ドル札が、紙幣・単位の上限。 >>つまり、そのあたり、1万円から100どるのあたり。 >>1000ドルはすでに高すぎる

3、ペイパルが著作権で、囲い込んだ、独占通貨をだす。きっと、アマゾンも出す、だろう。 最低単位10円くらいが、維持コストとつりあう。 >>> それなら、100円くらいが上限。

 さて、さて、どうなるのやら。 カネの話は、八百長なし待ったなし。

 ~~だよね。

===

カナダ、クレジットは5%だから、現金か小切手がいいです。

それより、ビットコインがもっといいです。

>バンクーバーで起業したけど、なにか質問ある? (筆者)

>出典、http://goqic.blog.fc2.com/blog-entry-836.html

>(ビットコインは) 理論上、世界どこででもオンライン上の決済に使えるわけで、
>間に金融機関もはいらないので、手数料は取られません。

===

2014年1月11日 (土)

電子通貨、価値の保証する。情報とは何か?

考えてみたら、

1、物理的に必要なのは無料クラウドサービス。

2、情報・信号の流れで、電子通貨は流通する。(価値を利用できる。)

2、a (利用する、)信号の管理は、クラウドサービスに付随する。

2、b (時間、順次・排他の制御、ファイルロックなども、)信号とする。(価値情報に含まれる。)

===

この二つの前提に、何が信頼される価値情報か? と、答えは。

なまえだよね。 つまり、利用者が金で決済する。支払いする。と、いうと、価値の名前を、キン==ゴールド。 と、お互いに価値を信頼する。

 同じように、ビットコイン・21000を、信頼する。

  といえば、ビットコインは、0ゼロ~ から ~21000 までしかない。

        と、いう情報をお互いに信頼して、価値の保証が、できあがる。 と、いうわけだよね。 ??? そうだよね。

 そこで、それじゃ、このブログはニフティだから、

  ニフコイン・100万を使います。 ~~それでもいんだね。お互いにどこかに暗号で存在する。メモ帳に、価値を書き込んでやり取りすればいい。 それだけ。  なんだね。

 この情報の価値は、相互信頼で、その受け取り、発信、すべて、

 ニフコイン・100万 に、内在する。 んだね。 そうだよね。

 ニフコイン・100万が、 100万以上あったら。 名前と違うから、ね。

 スタートアップのために、情熱と。コンピュータソフトの技術がひつようだ。  て、ことは別問題だからね。 そういう人がいて。

排他的に、他者の協力で「のみ」書き込める、URLが、どこかに増えていく。

 それだけ。 そして、次のトークンは、   ニフコイン・99万9999 どのような表記でも、いいわけで、表記は解析すれば、譲歩価値は一つ。(もちろん、URLとして使うのは英数字だけと、きめる。 んだよね)(ここでは何を信用するか、って、はなしだからね。)

 ニフコイン・100万を信用する人たちは、 ニフコイン・0ゼロはしんようするだろうかね?  どうだろうかね。(ゼロはともかく、)

 ニフコイン・1 は、100万とどうようにしんようするだろね。 そうだよね。

=== 

 さて、どうやって、ニフコイン・番号 に、現金のかちをちゃーじするかね。

 そこが、問題だね。 すごいことをびっとこいんはやってしまったわけだね。 すごいね。  て、あきれるほど。かんどうしたね。 まったくすごい。 ~~~??  だよね。

===

ビットコイン・送金、決済の事例、 解説している。(詳細、技術、スゴイ)

 ~~、全部記録されているが、現金にしたらそこで切れる。 らしい。

~~ので、現金と混ぜ合わせると、 追跡できなくなる。

大金持ちは、簡単に、リンクを消せる。

 100のウォレットで、100倍のドルとまぜると、リンクは意味がなくなる。 って、ことだよね。 そのうえ、カネの個人情報が、暗号だからね。

 ウォレットの機能がちがう。どういう違い、あるか、  「よく」 けんきゅうする。 と、仮想通貨の安全・価値が増える。 って、ことだよね。

>出典、http://gs-bitcoin.com/2013/12/02/bitcoinの送金手数料っていったいどういうことなのさ2/

>新・ビットコインをはじめよう (筆者ページ)  >By Zak On 2 12月 2013 In クライアントソフト, 手数料

===

ビットコインや、電子通貨はウォレットの、設計しだい 「だと」 考えるもアイデア、もうひとつ。

 ウォレットに入る、単位未満の、

     ビットコインは、一つ 「だけ」 と、設計したどうだろう?

分割した、トークンは、ウォレットに入ると、合算して大きいNoナンバーのほうを開放する。 

 そうすると、0ぜろ~~から、最大数に向かって、価値の退蔵がはじまっていくか?

 端数のビットコインは、トークンのアドレスを一つ使っているのだろうか? 

  そうすると、ビットコインが、一億とか、なると、端数ばかりでトークンは足りなくなる。

 やはり、トークン==自然数の列と、言う理解は、間違っていたのか?  

  よく調べてみよう。アルゴリズムのことだよね。 さて、どっちかな?

===

2014年1月10日 (金)

電子通貨、価値を保全する、情報の流れ

イ、 電子通貨、ファイルのページは、(カネを用意して)書き換え役の信号を待つ、

ロ、書き換え役(五個のURL)、決まる。

ハ、(ウォレットURLからの)、電子通貨、書き換え要求 、待つ

二、書き換え要求、(多数決で)、正当なら、書き換える。

ホ、つぎの、ウォレットのURLを 電子通貨ファイルが保持する。(証明)

へ、 つまり、これ書き換えたら、そのウォレット(URLから)のみ、書き換え要求できる。 これが、ウォレットに通貨が入る「こと」、情報の流れ。

  ~~って、ことだよね。 そうだよね。

A、 書き換え要求した、ウォレットの内容(使ったマイナス分)を、そとから書き換える。

 これは、要求すると、ニュースを書き込む。ブラウザで表示して読む。と、同じことで、トークン情報(電子通貨)を表示するだけ。

 て、ことでもんだいないよね。

B、次に、価値を受け取った、ウォレットは、どうするかね?

 あ、増えてるって、どうやったらわかるのかね?

 つまり、どこかのファイルのトークンに、つぎのウォレット(URL)が書き込まれても、その、ウォレットからは見えないわけだ。

 なんとかして、受け取りの、ウォレットにも信号をおくらないと、 だね。

 って、ことは、ウォレットは、どこかのサーバ上に、ないと、 だね。

 ~~それで、 ろぐいんすると。 ぉおぉ、入ってる。増えてるうれしい。 て、ことだよね。

   つまり、Webの情報が主体で、

        端末受け取りの現実が、従属するって、 ~~だね。 そうだよね。

===

 書き換え要求 >  トークン・ファイル(URL) 

 >実行URL  書き換え要求(URL)に、マイナス分を書き込む 

   それから、 >受け取り URLに、トークンファイル(URL)、書き込み。

 って、ことかね。 そうだよね。

2014年1月 1日 (水)

未来予想、仮想通貨の方向

     こんリップの注目、未来予想。

仮想通貨が現実社会に輝きだした。

それではどんな方向に、仮想通貨は広がっていくのだろうか?

1、ビットコインの方向

2、キウィ・コインの方向( ロシア発、キオスクで流通する仮想通貨、管理はキオスクの責任? なの??)

3、リップル(通貨)の方向、(決済システムで、クレジットカードから離れた、オープンループの仮想通貨)

4、クリプト通貨ではなく、ウォレットを管理する方向

    ***

 結局ビットコインの複製か、ビットコインを (使う) いれるウォレットか、事業者(管理者)の与える通貨を使うか。

三者から、一つ選択、て、いう未来になるようだね。 てことなんだね。

===

 3つの方向、の、資金調達の、ようすを、みてみると、

>ビットコインに押し寄せる新興企業、WSJ。Jp、2014年 1月 22日 12:54 JST
>出典、http://jp.wsj.com/article/SB10001424052702303572904579335600750541882.html?dsk=y

>公表調達額は9000万ドル。

>コインベース(サンフランシスコ拠点)、

>サークル、  >リップル、 >ギフト、

>21E6

など米国企業数社、(~で、) 合計調達額の67% 

4、 コインベースは、ウォレットと、決済サービス のようだ。

3、リップルは、オープンループの電子通貨を、つかう、交換システム。

 だというが、ほとんど霧の中、クラウド(雲の中)サービスだから、

 ~~て、ことなんだね。

===

こんな研究も、

   ビットコインの行動の予想、の理由、行く末になりそう。

>「群れ」に魅せられた研究者たちの群れは、

>   特定のリーダーも包括的なプラン(指針)もないまま、

>ニューロンから人類(社会行動の変化?)まで、あらゆる対象で、

>局地的な接触が巨大な集団行動となる。

>いくつもの規則を発見している。

>ありえないくらい複雑に見える行動も、

>単純な土台の上に成り立っていることがある。

>重要なのは、個体の行動よりも、集まった個体が全体として、

>どのような行動を取るかということだ。

 イナゴの飛翔移動、の動機は、過密状態で発生する共食いだと、説明されている。

 背中を噛み付かれると、みな一つ方向に整列するのだそうだ。

(磁気がせいれつするみたいだね)

 仮想通貨も、カネが流れ込むと、高くなって、もっと安い通貨が安すぎる状態になる。それだけの動機で、うごきだす。  んだろね。

 仮想通貨同士の共食いかも、しれないね。 政府の通貨はなんだろうね。  ???

 この群れの理論だと、多数の固体の気ままな行動が、統一のある動きを作るらしい。

 だから、206ヶ国という、世界国家の数よりも、イナゴとかアジさば、みたいに多数の、仮想通貨の出現が、安定した群れの動きをつくる。  の、かもしれないね。

>出典、http://wired.jp/2013/12/28/as-one-vol8/4/

> 「群れ」の科学

>       アルゴリズムとビッグデータ 

===

 

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »