« 仮想通貨は、物理的に何が必要か | トップページ | 電子通貨、価値を保全する、情報の流れ »

2014年1月 1日 (水)

未来予想、仮想通貨の方向

     こんリップの注目、未来予想。

仮想通貨が現実社会に輝きだした。

それではどんな方向に、仮想通貨は広がっていくのだろうか?

1、ビットコインの方向

2、キウィ・コインの方向( ロシア発、キオスクで流通する仮想通貨、管理はキオスクの責任? なの??)

3、リップル(通貨)の方向、(決済システムで、クレジットカードから離れた、オープンループの仮想通貨)

4、クリプト通貨ではなく、ウォレットを管理する方向

    ***

 結局ビットコインの複製か、ビットコインを (使う) いれるウォレットか、事業者(管理者)の与える通貨を使うか。

三者から、一つ選択、て、いう未来になるようだね。 てことなんだね。

===

 3つの方向、の、資金調達の、ようすを、みてみると、

>ビットコインに押し寄せる新興企業、WSJ。Jp、2014年 1月 22日 12:54 JST
>出典、http://jp.wsj.com/article/SB10001424052702303572904579335600750541882.html?dsk=y

>公表調達額は9000万ドル。

>コインベース(サンフランシスコ拠点)、

>サークル、  >リップル、 >ギフト、

>21E6

など米国企業数社、(~で、) 合計調達額の67% 

4、 コインベースは、ウォレットと、決済サービス のようだ。

3、リップルは、オープンループの電子通貨を、つかう、交換システム。

 だというが、ほとんど霧の中、クラウド(雲の中)サービスだから、

 ~~て、ことなんだね。

===

こんな研究も、

   ビットコインの行動の予想、の理由、行く末になりそう。

>「群れ」に魅せられた研究者たちの群れは、

>   特定のリーダーも包括的なプラン(指針)もないまま、

>ニューロンから人類(社会行動の変化?)まで、あらゆる対象で、

>局地的な接触が巨大な集団行動となる。

>いくつもの規則を発見している。

>ありえないくらい複雑に見える行動も、

>単純な土台の上に成り立っていることがある。

>重要なのは、個体の行動よりも、集まった個体が全体として、

>どのような行動を取るかということだ。

 イナゴの飛翔移動、の動機は、過密状態で発生する共食いだと、説明されている。

 背中を噛み付かれると、みな一つ方向に整列するのだそうだ。

(磁気がせいれつするみたいだね)

 仮想通貨も、カネが流れ込むと、高くなって、もっと安い通貨が安すぎる状態になる。それだけの動機で、うごきだす。  んだろね。

 仮想通貨同士の共食いかも、しれないね。 政府の通貨はなんだろうね。  ???

 この群れの理論だと、多数の固体の気ままな行動が、統一のある動きを作るらしい。

 だから、206ヶ国という、世界国家の数よりも、イナゴとかアジさば、みたいに多数の、仮想通貨の出現が、安定した群れの動きをつくる。  の、かもしれないね。

>出典、http://wired.jp/2013/12/28/as-one-vol8/4/

> 「群れ」の科学

>       アルゴリズムとビッグデータ 

===

 

« 仮想通貨は、物理的に何が必要か | トップページ | 電子通貨、価値を保全する、情報の流れ »

電子マネー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1952729/54455027

この記事へのトラックバック一覧です: 未来予想、仮想通貨の方向:

« 仮想通貨は、物理的に何が必要か | トップページ | 電子通貨、価値を保全する、情報の流れ »