« ビットコインの使い方(No2) | トップページ | ビットコインはとめられない »

2014年1月31日 (金)

ビットコインをとりまく世界のメモ(4)

> 2014年 2月3日、 ロイター 、  南アフリカの約6年ぶりの利上げに  > ゴーダン財務相、政府が協力する。

  ~~ と、ほうどうされた。

インドでも、つづいて、南ア、利上げしてるところは、余りニュースに出ない。やはり、カネの話は、理想の鏡。 って、ことかもね。

>2014年3月から、ビットコインを受け付ける。と、いう。

>アメリカ・プロバスケットボール、NBAサクラメント・キングスの、オーナーはインド出身。

>出典、http://tomoyasuzuki.jugem.jp/?eid=946

>ビットコインが米スポーツ界にも 、 鈴木友也(筆者) 2014年01月31日 13:06 

===

>中国ビットコインバブル再来なるか、BTCChinaが入金サービスを再開 、2014年01月31日 by CoinChannel

>資金を直接BTCChinaの口座に入金することで再びビットコインを買うことがてきるようになったという。

ビットコイン・チャイナ、と、送金業者の関係が記事からは読み取れないが、~~?? とにかく、元で、ビットコインを買える。 ~~らしい。 

?? おそらく金持が、すーっと、買うのは、障害になるのだろう。

しかし、たんす預金や、国際送金の実需・(日本からの送金とか)出来るなら、ビットコイン本来の価値が発揮される。 って、ことだよね。

===

===

>香港で道行く人に「ビットコイン」のお年玉 総額660万円相当

>香港、ビットコイン取引所が、お年玉、660万配る。(2014年の旧正月)

 使ってもらえば価値が分かる。と、勝負たって、ことだね。

送金業務で食ってる人たちは失業しそうだね。~~そんなことないよね。 ~~だよね。

===

>オーストラリアの企業、ビットコインのATM設置へ(ウォール・ストリート・ジャーナル日本版)、2014年2月7日(金)10:00

> 出典、http://jp.wsj.com/article/SB10001424052702303996604579364232991867734.html?dsk=y

意味不明な、記事だが、どうやら、オーストラリアでは

  自動販売機、とみなされているようだね。 買い取りもする自販機とはいい判断だよね。 資源国だからカネが入ってくるのは歓迎しますって、 そうだよね。 そうだろうね。

> オーストラリアでは、ビットコインのATMは預金受け入れ機関の一部ではなく、

>実質的に双方向(預け入れと払い出し)の機能を持つとみられるため、それを

>運営する上でライセンスは必要ない。ビットコインは法定通貨とみなされていないが、豪財務省はそれを見直すつもりはないとしている。

 ドルでも何でも、入って来い。 ~~ってことなんだね。 そうだよね。

===

« ビットコインの使い方(No2) | トップページ | ビットコインはとめられない »

ビットコイン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1952729/54816141

この記事へのトラックバック一覧です: ビットコインをとりまく世界のメモ(4):

« ビットコインの使い方(No2) | トップページ | ビットコインはとめられない »