« ビットコインの使い方(3) | トップページ | ビットコインをとりまく世界のメモ(No6) »

2014年3月25日 (火)

国民の、電子通貨、はじめました。

 国民の電子通を、史上最初に、アイスランドで初めました。

栄誉なことです。 ~ね。 国民の、利益のための、商売なり。

~~で、始まって何時間になるのかな? メモしてないが~~

2014、03、25、Tue、で、対ビットコイン、価格が、12%さげている。

AUR/BTC - Auroracoin / Bitcoin、(http://www.cryptocoincharts.info/v2/pair/aur/btc/cryptsy/10-days)

    Last Price: 0.0187000 BTC 、Profit / Loss 24h: -11.79 %

ビットコインも、570ドルに、下げている。 

供給量がふえて、値を下げているのだろう。 おもしろいのは、

1、2%しか、まだ、オーロラコインが発行されていないらしい。

ビットコインの値段から逆算すると、0.019X570ドル=10、83ドル

23AUR X10.83=249ドル 25万円くらい財布に入れたひとも多いのだろう。

 しかし、98%の人たちは、様子見。 ~~の、ようです。

 アイスランドの国民は、発行AURの 50%をもらうわけだから、発行者は、

 上手くいけば、莫大な利益になる。 ~~錬金術、新時代。だぁ~ねっ!!

===

2014/03/25(月)、(日本時間) 

オーロラコイン、100%倍強、対ビットコインで、2倍になった。

>AUR/BTC - Last Price: 0.0107799 BTC、
>       Profit / Loss 24h: +157.89 % 、Volume 24h: 797.58000 BTC

>http://www.cryptocoincharts.info/v2/pair/aur/btc/cryptsy/10-days

中国で、銀行口座のリンクを禁止という報道。~で、ビットコインをとめられるのだろうか?

  ビットコインはとめられないと思う。銀行口座が使えないとふべんである。 だが、ビットコインの価値は、ぎんこうとはつながっていない。~から、とめられない。 ~だよね。

===

(2014年05月02日(金)日本時間)

アイスランド、オーロラコイン、発行(受け取りした国民が)、10%を超える。

>1051371.6 Airdrop coins in circulation, 10.01% of a total 10,500,000 Airdrop coins.

具体的な数字は実感がわかないけどねぇ。

何もないところ、ポンと、煙が立って、それが予定の大きさの、10%になった。

 へぇ~~ そうなんだぁ。国民の1割が、オーロラコインのりようしゃになった。

  すごいことのなんだろうなぁ。MITのスタートアップも、50万ドルを学生たちに、ばら撒いて、

 MIT大学、経済圏を、ビットコインでまわそうという。~~ うぅむ。

やはり、そんして、得取れ、ビットコインを価値の裏づけにすると。

 やはり、あれだね、ドルと縁が切れる。銀行もいらない。~~って、

資本に対する。 流通の全面攻撃の、はじまりをかんじるね。

 まったく、モノが、紙一枚なくて、価値があるんだから。ねぇ、金持の基本は物持ちで、あった。資本(紙やキンは)、~はモノであった。モノが買えた。 すべてはものがあってのじょうほうだったのにっね!!

 なんか悔し紛れに、秘密カギを、印刷して保存する。~~何てこともニュースに出ていたが。

 ああ、情報の本質は、モノではなかった。媒体は必要だけどね。

  ビットコインやオーロラコインと同じことをしたら、まず、成功するだろう。

 ~~で、どんどん真似する人が出てくる。じゃ、~~失敗する理由は、どんな条件で、失敗するかね?

 マウントごっくすは、情報を管理できなかった。~~そうか。

1、情報を管理できないと、失敗するんだ。

 もっと、ほかに、失敗の条件はあるかなぁ?? ~~?

===

« ビットコインの使い方(3) | トップページ | ビットコインをとりまく世界のメモ(No6) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1952729/55515691

この記事へのトラックバック一覧です: 国民の、電子通貨、はじめました。:

« ビットコインの使い方(3) | トップページ | ビットコインをとりまく世界のメモ(No6) »