« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月28日 (水)

第三者のいる。あいたい、取引。

あいたいといっても、「会いたい」ではない~~とちろん。相対。

このところ、ビットコインのニュースが枯れている。

  ときは、踊り場、なんだろうね。

  ~~で、前にも見たことのある。

>[ビットコインの技術] マルチシグネチャの技術的説明 

 このページがグーグル検、結果に登場。あらためてよんでみると。

同じ技術の解説ブログでも。 自動車の技術解説でいうと、

 自動車販売と、整備修理業者の、解説くらいはばのある。

~なあ。

この、 多数者の署名 、解説は自動車修理の、解説タイプ。

ビットコインの利用・使用者は、たぶん、真ん中に入って、

相対取引の監視役の、サインを欲しがるのではないかな。

 つまり、サインより、監視役の存在を欲しがるのでは?

 監視役はビットコインが、どこかにあるのを確認して、

対価のモノが、どこかにあるのを確認してくれる。

 流通倉庫のような、情報中継・伝達、場所を確保しておくことがもとめられる。

 どうも、予想通り。前評判そのまま、ビットコインはとめられないようだ。

 それゆえの、ニュース枯れだとおもう。つまり、ニュースに価値がある。

  だから、Webには、ださなくなった。

 その先は、情報と、現物の、交換・流通センターが、機能始める。

   情報・モノ の、複合現実が、はじまる。 ~~んだおねっ!!

===

2014年5月 1日 (木)

米マサチューセッツ工科大学(MIT)、電子マネー経済をスタートアップ。

 米マサチューセッツ工科大学(MIT)、電子マネー経済をスタートアップ。50万ドルを集め、ビットコインを1人100ドル分ずつ配布する。

>MITでビットコインクラブの代表を務めるエリツァーさんは、

>「このキャンパスが世界のどの場所よりビットコインが広く使われる場所になる」

>          と意気込みを語った。

>出典、http://jp.reuters.com/article/jpUSpolitics/idJPKBN0DG01120140430

>米MITでビットコインの流通実験、学生全員に100ドル分配布へ
2014年 04月 30日 09:45 JST

==

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »