« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月22日 (土)

世界中で、マイナス金利 その(2)

>英外為ブローカーが破産=日本法人は強制決済 >時事通信 1月17日(土)0時34分配信

>アルパリは16日、スイス・フランの乱高下による顧客損失で、

>破産 した。

> スイス国立銀行(中央銀行)は15日、1ユーロ=1.20フランの、

>上限を突如撤廃した。

 この先、ユーロ建て国債を、EU中央銀行が引き受ける。って、ニュースが出たら、さすがに固定相場、、無理だってことだよね。

 垂れ流しのユーロで、ドイツの国有鉄道とか、ドイツ・フランスの農地なんか買い取れるなら、固定相場! Wellカム! だいかんげいだよね。

 スイスは、そんなことしない、方向に舵を切ったってことだね。 賢明だのぉ~~ って、かね。 

 ニッポンも中国に水源地や、私鉄株買われて、騒いでいたけどどうなったかね。 ???

 あっ、それでぇ、 ~~スイスの中央銀行も、マイナス0.75の金利を取るって、

 出したカネ、もう、損しない限り受け取りません。 ~~ってことだね。

 いい商売だね。 安い紙幣を高く売りつけて、預かるときにまた儲ける。 

 ~~いいね って、スイスフランのマイナス金利は、書いてない猫の報道では。 って、

  マイナス!  マイナス!! 0.75の金利 だおぉ、 !!!

 

===

2014年11月30日、 おお、インド・ルピーも強い。 強い。

 だから、利下げしてインフレを、 狙うらしい。 

 ~~ というほうどうだが、

    インフレ4%の、理由はかいていない。

  目標にするのはなぜ? 

>出典、 >10月インド消費者物価指数、2012年以来の低い伸び >2014年 11月 13日 00:50 JST

>[ニューデリー 12日 ロイター] - インド政府が12日発表した10月の消費者物価指数(CPI)は、前年同月比5.52%上昇した。

 4%物価上昇を目標にしてるらしい。 

インフレで、 なに、いいことがあるのか? なんの得があるのか?

 地主・家主は、インフレのぞむ さぁ、そりゃ当然だろうが、~?

 国家・インドとしては、インフレでの何か、いいことあるの? 

 ま、とにかく利下げするらしい、 マイナスまではまだまだだけどね。

===

 中国、金利下げ、 その、続報がでてきた。

>2014年11月25日(火)

>「中国指導部の認識が変わった」と説明した。

>出典、「中国の金利さらに下がる見通し」

 >2014年11月25日08時25分  >[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]

>  中国・広発ファンドマネジメントでアナリストを務めるリアオ・チン氏はブルームバーグとのインタビューで、「利下げは企業の債務負担を減ら債務不履行(デフォルト)拡散を防ぐためのものであるだけに人民銀行が金利をさらに下げる余地がある」と話した。

===

 >2014年11月25日(ブルームバーグ):

>上海銀行間出し手金利 (SHIBOR) 、 > 1年            4.7560 %

===

 ふどんさんバブルを、マイナス金利で、~どうなるのだろう?

中央銀行から、カネもらって、かねかりて、借金返したら?  すごく、都合のよい結果が輝いてる。 あしたのよろこびだな。

  ビットコインの働きで、通過の強弱レートはべつにある。 なら、

なんで、

   金利を取る必要がある。 ~中国指導部。 高官たちは

       ~~~考えをあらたにしたようだ。 ビットコイン礼燦だな。

   どうなるかね。 わくわくするね。 きんゆうしんじたい。 ああ、信じたい。

   ??? ~だね、 ?。 ほんと、どうなるのかね。 えらいしと

予測、 ご教授、 おねがいしたします。  m(_ _)m 平伏 

===

 めんどい。 へっとらいとだけ、ならべとこう。 まともにニュース解説してないのがよくわかる。

><中国>貸し出し0.4%利下げ 減速景気下支え >毎日新聞 11月21日(金)21時31分配信

>中国利下げ、最大の狙いは資産市場の底上げか-不良債権警戒 >Bloomberg 0時1分

>ECBマイナス金利、銀行の収益に打撃与える=ドイツ銀幹部 >ロイター 11月21日(金)21時50分配信

>独コメルツ銀、預金手数料を徴収も-ECBマイナス金利で >11月20日(木) 9時48分-経済総合(Bloomberg)

><日銀>「金融緩和は限界に来ている」との見方も >毎日新聞 21日(金)23時44分

><衆院選>アベノミクスの誤算…消費、輸出、コスト増 >毎日新聞 21日(金)23時52分

 んっ ~っで、 も(^_^;)っ ぅひさしぶりの冷や汗

>欧州中心に世界株高、中国利下げとECB総裁の追加緩和発言受け写真  >ロイター 21日(金)23時57分 

===

 で、このみだしでぇ、~どう感じたか? ってぇいうとぉぉ~

1、 EUのマイナス金利は、ニュース枯れるくらい昔の話しでぇ~

2、ドイツの銀行は、コメルツ銀行が、こまらられれるぅ~

3、中国の底上げはぁ、 ~元やすでぇ マンションの値上げするのぉ~

4、 いくらかね印刷しても、物価は、消費者が買う値段のことなんだ。 なぁ~   は(*_*)あぁ 

5、 私、消費者、お金届かない。 ~~世界中でおかねとどかない。 かねぇ、 かねねぇ~~ かねぇ     は(*_*)あぁ ~

===

2014年11月 1日 (土)

ブラジルのインフレと、ビットコイン、レアルを吸いとる。

>(ブラジルの、)

> 「ザ・ブラジル・ビットコイン」というグループは現在約1万人の会員を有しており、

 ?? この一万人は、消費者かな? それとも、ビットコインに、価値チャージ、「して」  、 投資してる。 そんな人たちなのかな?

 おそらく、1万人の、ビットコイン投資家がいる。 って、いみだろうね。 ~~そうだよね。

>(大きなSNS、) ワッツアップとフェイスブック 、

>      ビットコインの取引に前向きで、非常に強い存在感を示しているという。

>出典、>http://megabrasil.jp/20141025_15010/ >ビットコイン、ブラジルでは注目株!?  >カテゴリ : ビジネス 社会 >2014年 10月 25日 09:25

===

>「メルカード・ビットコイン」のホドリゴ・バチスタ代表は、取引量が一年未満で、ゼロから1050万レアルまで成長したと述べた。

 一年で、1050万レアルを、 日ばかり取引してるのだろうね?

 年間の、チャージ量が、1千万レアル  じゃぁすくないよね。 どうだろね。 一日取引量だろうね

===
>2013年はインフレを背景に、ブラジルの通貨レアルの実質の価値はわずか3ヶ月で9.6%も下落しており、

>その後、財産を蓄えておく良い方法を探していたブラジル人にとって、ビットコインは注目されたという。

 どれくらい、チャージされるレアルが、あるのかね。 

???

ビットコインに、吸い込まれると、多くの電子マネーに移し変えることが出来るから、 ~~世界中に広がってる話だね。 そうだよね。

 世界の電子マネー、 送金が、 できるようになりそうだね。 そうだよね。 ~~? だよね。

===

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »