地理・政治・電子通貨

2016年6月12日 (日)

人口減ると、資本は減る。<資本とは給料のこと

 カネの話では、銀行のいうととり、 とりあたま。

>日銀は、住宅ローンの借り換えによって、返済の負担が軽くなれば、

>消費に回すお金が増える ~~


 現実は、牛のケツ。 けつつぃ~~~

>としていますが、個人消費の実態を正確に把握しようと、日銀が公表を始めた指標でも消費の回復は確認されていません。また、マイナス金利政策で企業による積極的な投資を促そうとしていますが、投資の資金を貸し出す大手銀行の経営トップからは企業は投資の増加になお慎重だという声が

> 相次いでいます。 <これ、NHKの意見だね。 さりげなく、
                     ニュースにてめぇの意見をまでこんでりゃぁ~~
                     ごリっぱ、ごぱごぱ~~

 経済規模とは、人間のもらう給料の、総和。 だよえぇ~ ちゃうか?

 なら、人口が減ったら、経済が良くなるのはありえない。
 ウサギ小屋では人口増えない。 うさぎはふえるかぁ~~なぁ

 人口が飽和したら戦争になる。~のか、トルコノ殺し合い。ニッポンの戦国時代。
 食糧管理、飢饉で、人口が管理されていたのか、<<徳川300年。

 そういえば、武士で餓死した人間は皆無だと、~何かのまじめな本に書いてあった。

 だれか、しらべてくれんかぃ~~。

 ビット恋の証明は、信用・価値を、武力・権力なし、~~で保存できる。

 資本主義・終焉のラブレター だなぁ、 どやね。


2016年3月31日 (木)

ジンバブエ、外資の株、51%を要求。

>最近、ジンバブエのロバート・ムガベ大統領は、国内の外資企業に対し、
> 4月1日までに、少なくとも51%の株を無償でジンバブエ市民に渡し、
> 違反する企業は閉鎖するとの命令を下しました。  >出典、【新唐人2016年3月30日】 ttp://jp.ntdtv.com/news/15661/ジンバブエの国の名の下での強盗行為に中国企業が被害【禁聞】

 ニッポン訪問、直後だが、こういう話はあったのだろうか。ニッポン国民のため
外資の株半分を要求する。様な時代は来るのだろうか?

 ジンバブエの通過は、中国元、株は、利益となるのか?  元でモノは買えるから、利益ははっきり見える。
   はたして、ホントにジンバブエの市民は外資株を、もらえるのか? ~して、株から、元が使えるのか?
    さてさて、~どよ?  続報がぉぉ ~~おたのしみ。   ???? ~やんね。


 

2014年11月 1日 (土)

ブラジルのインフレと、ビットコイン、レアルを吸いとる。

>(ブラジルの、)

> 「ザ・ブラジル・ビットコイン」というグループは現在約1万人の会員を有しており、

 ?? この一万人は、消費者かな? それとも、ビットコインに、価値チャージ、「して」  、 投資してる。 そんな人たちなのかな?

 おそらく、1万人の、ビットコイン投資家がいる。 って、いみだろうね。 ~~そうだよね。

>(大きなSNS、) ワッツアップとフェイスブック 、

>      ビットコインの取引に前向きで、非常に強い存在感を示しているという。

>出典、>http://megabrasil.jp/20141025_15010/ >ビットコイン、ブラジルでは注目株!?  >カテゴリ : ビジネス 社会 >2014年 10月 25日 09:25

===

>「メルカード・ビットコイン」のホドリゴ・バチスタ代表は、取引量が一年未満で、ゼロから1050万レアルまで成長したと述べた。

 一年で、1050万レアルを、 日ばかり取引してるのだろうね?

 年間の、チャージ量が、1千万レアル  じゃぁすくないよね。 どうだろね。 一日取引量だろうね

===
>2013年はインフレを背景に、ブラジルの通貨レアルの実質の価値はわずか3ヶ月で9.6%も下落しており、

>その後、財産を蓄えておく良い方法を探していたブラジル人にとって、ビットコインは注目されたという。

 どれくらい、チャージされるレアルが、あるのかね。 

???

ビットコインに、吸い込まれると、多くの電子マネーに移し変えることが出来るから、 ~~世界中に広がってる話だね。 そうだよね。

 世界の電子マネー、 送金が、 できるようになりそうだね。 そうだよね。 ~~? だよね。

===

2014年7月17日 (木)

中国の報道を読むと、ベトナムについて、

>出典、http://biz.searchina.net/id/1537939

>  VBTCベトナムは9日、商工省傘下電子商取引情報技術局の許可を得ないまま、仮想通貨「ビットコイン」オンライン取引所(VBTC)を開設した。これを受け、ベトナム国家銀行(中央銀行)は公安省に対し、同取引所の活動や取引の内容について捜査するよう指示している。

>  同取引所はVBTCベトナムとイスラエルの「Bit2C」社により共同運営されている。国内にビットコイン取引所が開設されたのはこれが初めて。

>  開設に先立ち電子商取引情報技術局は、ビットコインはベトナムの現行法で「商品・サービス」に含まれておらず、eコマースに関する政令で定められている取引対象にもなっていないとして、同社のビットコイン取引所開設申請を却下していた。(情報提供:VERAC)

 まず、中国とベトナムは、南シナ海で海戦をしていた。(この日付の前に、石油掘削終了とか、意味不明の報道があった。)

 

~~で、BRICS開発銀行、本部を中国・上海に置く
2014年07月16日 15時13分 >新華ニュース、http://www.xinhuaxia.jp/social/41059

 日付は同じだが、

> BRICS開発銀行、上海に設立のほうが少し早い。

 おっかけで、ベトナムの、管理当局と、無許可で、イスラエルの企業、合弁と、 ~~ほんとかウソか。  ~~続報を待つ。

===

 ただ、無許可で設立というのは、

     いよいよ、 ほんとうにビットコインはとめられない。

          ~~のぉ ~~ だな。 ??? ~そうだよね。

===

2014年7月13日 (日)

長いものには巻かれろ。 って、抵抗のススメ??

 土地というものは同じものは二つ都内。 あ、~ないね。

福島という土地も世界に一つ、宇宙にも一つしかないだろう。~だのに。

 なぜ、100年もたたないうちに、権力のたちばにたって、結果を見ることになったのだろう。

 人間は、本当に環境の鏡だと感じる。~~じゆうなんてないのよね。まったく、

> テレビを観ていて仰(の)け反(ぞ)ってしまったよ。あたしが観たのはテレ朝のニュース。ニュースではこういっていた。

>「原発事故による風評被害の払拭に向け、政府は、修学旅行先として福島のモデルコースを設定し、全国の学校に提案することなどの強化策をまとめました」

> 起きたまま夢を見てしまったかと思った。だが、違った。その後、6月24日付の毎日新聞の朝刊に、「復興庁 風評対策で強化指針 『美味しんぼ』問題受け」というおなじ内容の記事が載っていたもん。

===

 夢を見たかとは、きついお言葉、

デモなぜだろうか?  人生100年の時代に、同じ人間が、

 幕府について、調的になり。 こんどは、原発について、汚染地域になる。

 どのような、環境が、こんなに目先の利益を忘れてしまうのだろうか?

 

 地理、政略、~~ たとえば、鎌倉は中国から一番遠い、土地だ。

新潟は、大陸との、貿易港だった。

  日光あたりが、日本の中心(江戸)から見ると、辺境なのかもしれない。

 あの辺境が動かない限り、政権は安泰です。~~って、言う土地、地政の場所なのかなぁ。 どう感じますか?

===

 ビットコインに限らず、カネの辺境は、敵との境界でしょう。

 何かよくわからないが、被害者が、かわいそうといっても。問題は解決のほうこうにはうごかない。

 同情は、~~ なんとやら。 ひどいことばがあったような。 ~~どやね。

 同情しても、いや、 したくないというのではないのですよ。 かわいそうだと思いますよ。

 ~~ただ、 解決方向に、動かないとダメだと感じる。 ~~のですよ。

2014年7月 4日 (金)

ドルから、スピンアウト、アメリカ

クルド人勢力が、イスラエルに、原油輸出。

>出典、http://markethack.net/archives/51926690.html

>イラクのクルド人自治区がバクダッド政府の目を盗んで原油をイスラエルに販売 独立に向けて経済のロードマップ確立へ

>、2014年06月21日22:29

>クルド地域から、トルコ経由で、イスラエルに、原油を販売した。

>原油はタンカーに積まれ、買い手を求めて、漂流していた。

>売り手は、アメリカ国籍を持つ、キルクーク市長。

 買い手のイスラエルは、もちろんアメリカと、同盟して、ドル経済。

ドルはあまっている。  (だが、しかし、ドル紙幣は印刷できない。)

 イスラエルはドルはあっても、アメリカの銀行をつかわずに、ドルを使えなかった。

 それが、ビットコイン決済なら、有り余る?? だろうね。 たぶん、

ま、あまっているドルを使って、何でもかえる。

 使ったドル(紙幣)は、イスラエルで流通する。(アメリカの銀行いらない)

===

 それで、どこがスピンアウトなのか? アメリカの開拓精神、移民の成功。

 それが、ドルとか、現地通過、「から」 とき放たれる。

 スピンアウトだと、 ?? ~~だよね。

  武力・暴力にカネが流れ込んでいるが、ビットコインは、どうだろうね。

 ビットコインで傭兵、やとうのは、影響力がなくなって裏切られる。心配があるんじゃないかな??

 ドル渡す限り、裏切りはないだろう。ドルのために縛られているからね。 ~~そうだとおもうけど。 

  ???? ~~どうだろうね?

===

>http://www.newsweekjapan.jp/stories/business/2014/06/15-3.php

>賃上げ、 シアトル市が下した最低時給15ドルの「英断」、ニューズウィーク、JP


>Seattle Approves $15 Minimum Wage

>大規模ストライキの圧力で全米でも最高水準の最低賃金を獲得。これで格差は縮まるか

>(有権者の、意思は、)先月の調査では賛成が74%に達している。、>[2014年6月17日号掲載]

 アフリカのプラチナ鉱山や、金鉱でもストライキをやっていたが、ニュースでは、内戦、暴力、~~で、その後、 

  ??給料が上がったのか? はっきりしない。 ~~よくわからない。

===

2014年6月20日 (金)

見落していた、メキシコの電子マネー、セブンイレブン。

2014、2月の記事であるのに、今まで見落していて知らなかった。

グーグルの検索結果に出てこない。~~のが、その、見落しの理由だろう。

 アイスランド、や、アルゼンチン、あるいは、インド、中国。

キーワードとして使っていたが、メキシコははじめて使った。

~~ったら、 この記事を読むことになった。

>[cryptocoinsnews]

>メキシコのセブン-イレブン全店でBitcoinが利用可能に

>      Posted 2月 2nd, 2014 by bitlywatch and filed in news, translations 、Tags: 2013, 2014, Bitcoin, Coinbase, TigerDirect 

>http://www.bitlywatch.com/2014/02/1105/

>      bitlywatch.com

 

>そして今回はメキシコのセブン-イレブンとガンディ書店である。

>ただしどちらもBitcoinを直接に受け入れるのではない。

>Pademobileと呼ばれるウォレットからの支払いを受け付ける形だ。

>Coinbaseのアカウントと携帯電話の番号さえあれば、Pademobileウォレットと連携させることで支払いができる。

   ????

 どうやら、ウォレットを管理する、携帯サービス、会社らしい。

つまり、

 誰かの家計簿を、有料で管理する。 そういった会社なのだろう。

いま、銀行が、デフレの時代に金利を取る。金をもらってお金を預かる。

 この 「ウォレット管理会社」 は金を預かって、支払いを代行する。

 ここで、注目は、アメリカとメキシコは、

  往来自由。  と、 「いう」 地理治世、の状況なんだよね。

セブンイレブンで、> Pademobile に、入金して、「おく」 と、

メキシコで使える。 あ、ちがう、アメリカで、使えるのだろう。

 

 「そこ」 が、ほんとうの、ねらいだろう。 ~~ってね。 ???

===

>世界で最も危ない通貨、ビットコインが合法化? 2014年6月19日(木)14:21 

>出典、NewsWeek、http://www.newsweekjapan.jp/stories/business/2014/06/post-3299.php

> ビットコインは、インターネットを使ったデジタル通貨で、09年に登場した。金融機関を経ずに利用者同士が直接取引できる利便性と匿名性の高さが特徴。

>(アメリカでは、)企業が法の整備を待たず導入に踏み切る例が増えており、

> カリフォルニア州などはこれを追認しようと必死だ。

>旅行サイト最大手のエクスペディアは先週から、ホテル予約時の決済手段にビットコインを導入した。

>決め手は、決済手数料1%という安さ。クレジットカードの決済手数料の3分の1以下だ。

 この送金・決済サービスの、料金は、この先サーバーの維持管理料金と同じレベルに、収束するだろう。

 暗号化された、家計簿は、二重化により、サーバーの情報からなくなる。 消える。 と、言う心配はほとんどなくなった。 ~~ので、

 譲歩が二重化されて管理されるなら。なんの情報でも、おなじなのだよね。 そうだよね。

 なら、メールと、個人家計簿の違いは、使ったカネを消す。

そこのちがいだけだよ。

 ~~そうだよね。  決済信用で、高い給料をもらってる。銀行マンには。 

  ~~~悪夢だね。 ちょとかわいそうだね。 でも、月の満ち欠けは止まらないね。。 

             ~~~~あくむだねぇ。 同情しないけど笑っちゃうのね。 プッふふふ。

===

 ここにも、あった。

>出典、http://thepage.jp/detail/20140619-00000002-wordleaf

>    KDDIと沖縄セルラー、「au WALLET」 

>auユーザーなら誰でも (つかえる。)作成でき、

>世界の、~ MasterCardで、クレジットカードのように使える。

>(先払いなので、)審査や年会費など、ない。

>  WebMoney など、 他にも使える。

 つまり、  au が、電子財布を管理 「する」。 ってこと。

        入金は、コンビニのレジ 「から」  っと、いうんだな。

 ~~そうだよね。

 現金もって心配なら、 au に預けて「おく」。 って、べつに、auが、特別なわけじゃなくて、 

   クラウド(雲の)なかの、個人家計簿ってことだ。

 ~~そうだよね。

===

 アフガンや、アフリカの選挙では、ちからで、結果が 「でない」 けど、

 カネの話は、簡単、ハッキリ多数決がきまる。ドルよりビットコインが使いやすければ、

 ~~だね。

 それ、他のコインにも同じで、ビットコインより使いやすければそっちを、 、たくさん使って、  、、これ、多数決、民主主義だね。

 そうだね。そうなったら、低賃金は、弱い国ってことになりそうだけど。

 そこはどうかな。~~ 奴隷で働いている国のほうが。効率はいいこともある。

 でも、 やはり、民主主義だろう。 戦う意思がある軍隊が一番強い。 の、だが。

 カネの民主主義は、そんな軍隊に集まるかな? いまは、カネが流れ込んでいるようだが、~~ ねえ。

 どうだろうね。

     カネのとうひょうだね。 みんしゅしゅぎだつっッね!!

===

2014年3月26日 (水)

ビットコインをとりまく世界のメモ(No6)

ロイターの見出し 4項、いずれも、ドル以外の、買い投機商品が

ある。~~って、ことではないのかな?

?銅の国際価格が近く上昇へ、需要拡大で=江西銅業 7:11pm

+++

>906 :山師さん@トレード中:2014/06/26(木) 11:13:18.73 ID:ONSmztSW0
>>中国の国有産銅大手の会長が自殺、仕事のストレスが原因 @ロイター

> そうきましたか 中国らしい

  立場の発言は、自分を追い詰める。

 それをニュースで流していたら。ニュースが安くなる。  ~~だよね。 

      ???  ???
[香港 26日 ロイター] -中国の銅生産最大手、江西銅業の幹部は26日、銅の国際価格について、需要の増加を背景に近く上昇するとの見通しを示した。  記事の全文

 政情不安で、あがるの? ほんと??

?中国人民元が対ドルで2012年3月以来の大幅上昇、刺激策期待で 2014年3月24日

 ドル買いだけではない。ほかに買うものができた。

 >それが、ビットコインじゃないのかなぁ ??

?シドニー株式市場・大引け=反発、堅調な金属価格や中国景気刺激策への期待で 2014年3月26日

?インドルピーが終値で約8カ月ぶり高値、国営銀行によるドル買いで上値は重い 2014年3月24日

 ドル以外の、買うものができたのではないかな? 

 >ルピーが弱くならない、ルピーの逃げ場所、>>電子通貨。 じゃないかな?

中国人民元が対ドルで2012年3月以来の大幅上昇、刺激策への期待で 2014年3月24日

 おお、ドル債権を大量買い。 ~~最近かった。とか、報道あったのに、ドル高にならない、いろいろありましょう。 ~~ねぇ??

2014年2月 7日 (金)

ビットコインはとめられない

 見出しは禁止、 しかし、 中央銀行の声明、と、

  ~~本文。 といたーの立場のなんとなく「よく」わかる。全文天才

>インドネシア、仮想通貨ビットコインの使用を禁止

>ロイター 2月7日(金)1時44分配信

>[ジャカルタ 6日 ロイター] - インドネシアは6日、仮想通貨ビットコインの使用を禁止した。中央銀行が声明で発表した。

>中銀は、「ビットコインや他の仮想通貨はインドネシアでは通貨でも合法的な支払い手段でもない。

>ビットコインや他の仮想通貨については、人々に慎重な対応を求める」とした。

 そんなこたぁ、~~よぉ^^*わかっとる。

それでも買う人をとめられないだろう。

酒場に入って、ケータイをつき合わせて、やり取りしたら。 ???

2013年11月 9日 (土)

下げる理由がない、ビットコイン、年内1000ドル

オゥッ! すげぇぇぇ!

 あっという間に、300ドル、200ドルから50%、飛躍。リップルもつれて上昇。

このつぎ、50%上げは、450ドルで、これは500ドルだろう。ココまで吹いたら、1000ドル年内、と、感じる。

 とりま、下げる理由があったら、話違うが、~~~下げる理由がない。

株は分割があるし、金塊は金山開発で供給が増える。保管料もかかる。

ビットコインはそういった、下げ理由がない。

===

ビットコンを 「ケニア地域(私有)、  の 『決済トークン』 」 に両替。

>携帯電話で送金できるサービスの、キポチ(ケニアの会社Kipochi)、通貨トークンと、ビットコイン、交換サービスする。

~~~ と、言うことは、今ビットコインが、値上がりしているから、M-Pesa(モバイル・ペソ??)より、ビットコインで保有している。とうぜん、値上がり期待。

  ???  おそらく、両替料金は、安くないだろう、1%でも、3ドルだから、現地通過のレートしだいでは

          相当高い。料金になる。 だろう

 ???それでもビットコインで保有すると思う。 下がる理由がないのだから。 私有通貨の、M-Pesa より、ビットコインだろう。

よくわからないが、いまでも、現地(ケニア)では、有利・強い通貨として、 ドルが使われているらしい、(旅行者ブログなど、 検索、>ケニア 物価 査証)

そういう状況で、ビットコインのウオレットが、信頼されたら。ドルを吸い込むだろう。 下がる理由がない。 下がるはずがない。 世界中の小口・個人の、へそくり・隠匿資金の流入先になるだろう。

>出典、http://blog.goo.ne.jp/jiten4u/e/93c9adfc58b702c790c6d8407940b099

>ケニアの会社Kipochiは、送金のBitcoinとM-Pesaをリンクさせる。2013-07-11 09:53:44 | Weblog、「世界のメディア・ニュース」(筆者)

===

 まずは、1000ドル、 次は10000ドル、 ~~~どこまで?? あがるかなぁ?

===

>出典、http://www.kankeri02.com/bitcoin

>仮想通貨ビットコインが面白すぎる!海外送金は銀行不要の世界になるかもしれない!、「© 2013 kankeri02 - カンボジアで起業(筆者)」

このサイトは、面白い。銀行不要の送金は、国家の法律で、ビットコインが止められるか? と、いう実験だよね。

言葉が、「通じない」 のと同じ、国家共同体は、やはり壁が必要。

ビットコインが止まらないと、両替料金、両替規制ということになるか? 実際、中国では、グーグルは見えない・読めないらしい。~~からね。

どこまで、ビットコインの壁が、高くなるか? つまり、料金がどこまでたかくなるか? 両替・交換料金だよね。 

モバイル・携帯決済のふえることは、国家の発行するカネの価値を安定させると思う。~~ぎゃくにね。 

  さて、 明日は、どうなるのかな?  おもしろいね。  カネの話だから、ほんとにおもしろいね。

===

ビットコインの下げる理由を思いついた。下がるはずがないと思っていたら、500ドル~900ドルで、もみ合っている。

このさき、ビットコインが、上がらないと考えている。~~そんな人たちがいて、売りつけ・換金しているのだろう。

売り抜けているわけだ。 そう、 「ビットコインのNo2」 を、企画しているのかもしれない。

同じプログラムを使ったら ビットコインは増え 「ない」 のだろう 。

しかし、同じプログラムを使って、 「別の」 取引所を作ると。

暗号を、あたらしく、売り始めることができる。 ~~~問題は買ってくれる人がいるか?  ??って、ところにあるんだけれどね。

金価格が上がると、金鉱山が新しく開発 「される」 理由になる。 って理由と同じだね。しかし、暗号はそれを交換する人たちの、あいだで 「だけ」 意味を持つ。 盗聴や、解読は、その人たちの 「こと」 を、しりたいわけで、暗号には価値はない。(もちろん、秘密保持の価値は 「ある」 よね。それはね! あるよ!!)

そう考えて(気が付いて)、ビットコインを見直すと、交換システムが暗号の価値になっている。 交換システムに信頼された暗号が価値なんだね。 つまり、信頼される。 って、ところが、多数決の原理で、少しでも信頼されるほうが、大きくなるが、No2、No3、~~という存在も。  必要とされる。んだね、 2匹目のドジョウとかいってるよね。だいたい、3匹目まではいるらしい、けどね。 それが、逆に一匹目のドジョウの価値を引き下げて、安定させる。 そんな、りゆうなんだね。 やはり、 「ないっ」 というのは、宇宙の果てくらいで、それだって、どこかにあるのかもしれないね。

===

より以前の記事一覧