ビットコイン、仮想通貨の仕組み

2014年9月18日 (木)

ビットコイン、アルゴリズムの説明、わかりやすい

>出典、マイナビニュース 

  >2、ビットコインの世界を作るメカニズムが組み込まれている「Walletソフト」

>http://news.mynavi.jp/series/bitcoin/002/

 想像していたのと同じアルゴリズムだった。 ただ、

    多数決の部分はまだ、よくわからない。(書いてないのだ。)

===

 それで、問題というか、盲腸というか、ビットコインが実証してしまえば。

    そのことによって不要になる。(道を切り開くための仕組みは不要になるのではないか。)

1、まず不要になるのは マイニング(発掘)だろう。

2、受け渡しするのが、参加者の(仮想塚価値を持っている仲間、の)コンピュータになるだろう。

売り手と、買い手のコンピュータは、セットアップして、誰かに (同じ仮想通貨を持っている、) 、書き換えてもらうのがよい、アルゴリズムじゃないかな?

A、 それは、自分が、かきかえていない。

B、書き換えより先に、セットアップを開始するとき、買い手・売り手の、ウォレットを、ロックしてある。 

 ~~ような、アルゴリズムなら可能だ。 ?? だよね。 ??

===

>受取人は、支払の請求に先立って、Walletで生成したビットコインアドレスを支払人に送って置く。

>また、Webマーケットなどでは、QRコードでアドレスをWebページに貼り付けて置き、お客はそのアドレスに支払を行う。

>支払いのトランザクションは、受取人だけでなく、全員に送られる。ネットワークがPeer-to-Peerであるので、多くの場合、直接、受取人に送ることはできないし、どの経路で送ったら良いかも分からない。このため、バケツリレー的に全員に送る。

===

 

そして、出典に、かいてある。 送金・決済の実行されたら、そのタイムスタンプで、次の取引・送金 ~~が可能になる。

===

 ビットコインの解説・ニュースでは、多数決のところをもっと、わかりやすく説明してほしいなぁ。    ~~だなぁ。

 

  ??? そうだよね。  (*^_^*) ? ちがいますかぁ???

===

2013年11月24日 (日)

ビットコインを盗むとは? 三つの行動で、ようやっとカネが盗れる

 ビットコインの仕組みを理解できる。泥棒の行動である。

どうやったら、盗れるかという事がわかれば、ビットコインの仕組みもわかる。 ~~んだよね。

 この記事の見出しは良い工夫した。  よね。 もちろん、泥棒のやり方は書いていない。

  泥棒は家から金を盗むと、説明しているだけで、カギの開け方や、カネのある家の見つけ方。 なんかは、説明していないよ。

 ビットコインは、場所と、権利の移し方、金の引き出し。 この三つの行動が必要。  って、 「こと」 を説明している。 から、

  ビットコインの仕組みも、はぁ、 ?? わかるって、 だよね。 

>出典、http://gigazine.net/news/20131225-how-to-steal-bitcoin/   >>2013年12月25日 20時00分26秒
>ビットコインを簡単に盗み出すための3つのステップとは?

>所有者を記録する公開帳簿が存在します。

>ビットコインを手に入れることで特定のアドレスを開くことのできる暗号キー(秘密鍵)も所有することになり、

>この秘密鍵こそがビットコインの所有者であることを保証してくれる唯一の証拠となります。

 あとは、ビットコインの交換記録を、水増しして、混合。

 最後は、ドル札に換金して、3っつのステップ 終了

                      ~~て、だね。だよね。

秘密カギが、インターネットアドレスのURL、 らしいね。 

そのものなのかもね。 ネームコインはインタネットアドレスを生成するネームサーバを自前で持って、作動させる。 ~~ので、ネームコインという、命名(ネームド、Named) 「され」 たらしい。  ~~からね。

===

  多数決の正当は、投票ないと、「なく」なる

価値の保証は、「記録して証明」 できることだろう。

そこで、悪意は、証明できなくしてしまう。ことを考えたのかもしれない。

通貨の価値は、元帳で 「ある」 と、考える。  ファイルなのだよね。

で、これに偽データを書き込むと、自分が悪意で、稼いだカネも価値が 「なく」 なる。 

通貨の価値が欲しいのだから、壊したら、だね。 これゃ! だめ!! ってことだね。

まあ、データを書き込むのも、売りばかり書き込んで、下がったら、大きく買うって、操作をした形跡があったとかいってるから、だよね。

多数決の弱みは、暴力で発言できないと、 って、だめだよね。 まあ、カネの話だから、最終決着は多数決なんだけどね。  そのまえに、平和で気兼ねなく、多数決が保障されていたほうがいいよね。 ~~ね、だね。

有料記事を読んで、インターネット犯罪をやっつけて欲しいが、正義のヒーローもスーパーマンは暴力なんだよね。 やはりねぇ~~ たよね。

>キーワード、検索 >クリプト通貨(仮想通貨)

>出典、http://scan.netsecurity.ne.jp/article/2013/11/20/32979.html

>Bitcoin 黙示録! その最高峰のクリプト通貨はハイジャックされる恐れがあると研究者たちが警告~新しい研究「利己的な採掘者たちは Bitcoin の分散型の設計を狂わせるかもしれない」(The Register)、2013年11月20日(水) 08時30分

>※本記事は有料版メールマガジンに全文を掲載しました、© The Register. 、(翻訳:フリーライター 江添佳代子)

>>>>記事の内容を示唆する、次の見出し、

>謎の DDoS 攻撃は、いかにして 100Gbps のパケットを送りこみ、 Bitcoin の取引サイトをねじ伏せようとしたのか~DDos 対策企業、標的の名を本誌に明かす(The Register)

>それはゾンビ化された PC のドローンでなく、侵害されたサーバのネットワークの動力を得た攻撃と考えるのが最も有力だろうと彼は語った。不安定なサーバ装置を「徴用」して DDoS 攻撃のリソースとする行為は、こ...

===

2013年11月21日 (木)

ビットコインの価値は、暗号であるか? 多数決なの?

ビットコインの価値、に、ついていえば、

暗号であるから価値が保証される。  と、説明されている。ところが、ビットコインの本当のかちの、 

  「保証書」 は、多数決で、間違った暗号解読が 「無視」 される。 

        、と、いう仕組みにあるのでは? ないのかな??

>出典、http://d.hatena.ne.jp/equilibrista/20131120/p1

>なぜットコインは乱高下するのか  、2013-11-20 、(Yoshi Noguchi

@equilibrista)(著者)

(誰でも書き換えることができる) 家計簿を書いて、べつに暗号なしでも、多数決で、正当な情報だけを、保存すると、その、家計簿の書いてある、「そのままの」 カネが、家計簿の 「持ち主のカネ」 って、ことで、

 銀行と、給料支払い会社、商品売るお店、 ~~などなど、参加者が多数決で、決めれば、承認すれば、良いわけで。  ~~そういう、こと、じゃあないのかな。

その (誰でも書き換えることができる) 家計簿に、持ち主が、入金100円と、書いても、銀行が賛成しなければ、無視される、

 家計簿に入金を書くときには、A銀行から、100円入金と、かかないとだめなんだよね。  そのとき、A銀行は100円、出金する。

それで、給料支払い会社は、無関係になったけど、この家計簿の 「こと」を 賛成する。

 この、もうひとりの賛成、~~其処が、ビットコインの価値を保証している。  ~~のではないかな?

そもそも、給料支払い会社は、どこから価値を持ってきたかといえば、ビットコインの暗号を 「解いて、もらった」  価値でした。と、そんな状態でいいんじゃないのかな? 

 著者の言う

>端的に言って、ビットコインには「ファンダメンタルズ」が存在していない。それ、円やドルにはあるのかって?毎日バランスシートが公開されているじゃないか。

通貨にあるバランスシートは、ビットコインにもあって、

毎日、どこで、だれが、使ったか? わかるようになっている。

検索しても、ビットコインブロックチェーンとか、各国・各地の両替サーバーの記録は、公開・オープンソースになっている。

ただ、似たような、ビットコインNo2 なんか、まだ作られていないようだ。

 ビットコインNo2は、 ビットコインとはまったく別物になる。しかし、ビットコインの 「偽物」を作って利益になるか? 

 ~~?? だよね。 ビットコインのプログラムはだれでも、つかえるらしい。

 このあたりから  もうすでに、 多数決だよね。

===

ビットコインの中心のない、正当性の保証の、「理由」、なぜ、

だれも責任を、問われずに、正当が保証できるのか?

暗号をつかう、暗号を解く、処理時間を、保証して 「いる」 のではないかな?

私の理解していたアルゴリズムは、多数決、だったので、取引記録の、確認を複数のサーバー(相対以外の、URLを扱い、くわえる)で、

多数決を実現していると、アルゴリズムを考えたのだが、どうもよくわからない。

>出典、http://blogos.com/article/74466/

>楠 正憲(筆者)、2013年11月25日 09:00 >Bitcoin考: 貨幣的な、あまりに貨幣的な

 この記事の中に、サトシ・なかもと の「原論文が翻訳」と紹介されていた。

>http://www.bitcoin.co.jp/docs/SatoshiWhitepaper.pdf

>ビットコイン:P2P 電子マネーシステム、中本 哲史、 satoshi@gmx.com、 www.bitcoin.co.jp 

これを読んでも、よくわからない。

まず、

1、価値を記録した、チェーン、リンク、これは絶対に信頼できる。(まず、信頼する。記録して、読み出せると、信頼する。)

2、暗号による、書き換え時間の長さが、悪意の操作を無効にする。

で、どこが? 多数決なんだろうか? 時間的に悪意の書き換えができないと。 ~~説明があったようだが。

 どうも、私の考えていた、多数決によるアルゴリズムとは、違うようだよね。 はて、

 信頼する、前のチェーンの内容を、暗号で読み出して、他者にわからなくしているのかな?

チェーンの存在、インデックス(指標・アドレス)は、あんごうではないようね?

 ハッシュ値は、何を指しているのだろうか? それがあいまい、

チェーンがハッシュ値なの、 ~~なのかね、~なんだようかね?

===

2013年8月23日 (金)

仮想通貨の法律などメモ

>出典、 2010年4月28日 / 日経MJ(流通新聞)
>資金決済法施行受け、  ネットマネー、最大6ヵ月の有効期限、に短くなる。

> 各社がネットマネーの有効期限を設けるのは、

>法律により、6カ月以上有効なネットマネーを運営する場合、法は残高の一定割合をめどに供託することや電話などで消費者の問い合わせに応じる義務を課している。

 仮想通貨の残高を、供託すると、円の価格と連動するわけだな。

 なかなか、国家の通貨からは逃げられないな。

しかし、企業が管理するのではなく、モジラのような、オープンソースのプログラムが、「仕組みとして外国の通貨」を保有したらどうなるのだろう。 

 あ、ビットコインを、保有する。   ~~理由はその辺にあるのか?

1、 決済プログラムは、アメリカの市民をオミットして、

2、アメリカの法律から離れて、

3、ドルを決済しているのが、現状なのかもしれない。

ドルで決済するのが目的で、アメリカ市民を除外する。 インターネット上のことだから、除外してもアメリカを中心に動いているのだろうけどね。

 

 

> ネットマネーは、東日本旅客鉄道(JR東日本)の「スイカ」などのようにICカードで発行される電子マネーとは違い、ネット上に価値情報が記録されている。

 収受が、記録されている。トークン総数が既定なら、問題ないと考えるけどね。

>コンビニなどで購入できるため、手軽な決済方法としてオンラインゲームや交流サイト(SNS)で利用される。

>ただ、運営業者が経営破綻した際の消費者保護などの法的な仕組みがなく、利用が拡大する中、対策が求められていた。

 運営業者がいなかったら? そのほうが問題がきれいに方付くね。

トークン情報だけ、公開共有・多数決決定、で、保存すればいいよね。

===

 「銀行など金融会社」以外でも、決済仲介ができるらしい。 平成25年(2013年)8月30日(金)

>Web法務相談室 「資金決済法」 、http://satsuki-office.biz/weblaws/aos

 その仕組みは、記録を残す、そして、そのうえで、利用者がカネを、ビットコインや、モジラのトークンとか移して「しまえば」、当然、日本の法律はかからない。

 そのへんの、法律は書いていない。

===

>出典、 http://www.asp-navi.jp/news/042011/post_220.html

> ソフトバンク、決済システムを提供。 2011.04.22

>・資金決済法に決済代行事業者としていち早く対応
>SBPSは、「資金決済に関する法律(資金決済法)」の定める、前払式支払手段発行者 関東財務局長 第00625号の第三者型前払い式支払手段発行者としての登録を完了している。

>有効期限が半年を超える場合の仮想通貨でも、資金決済法に則った適切な管理、運用を行う。

 第三者型、「前払い式、支払手段」、発行者としての登録を完了している。

 第三者型 とは、なんぞや? あずかったカネ、供託金積むのか?

 それとも、積まないのか? どっちなんだろう。供託金積むなら「第三者型」 の意味がないような語感だから、 ほかの誰かが保障するトークンの価値。  と、いう事になるんじゃないかな?

 それにしても、2011年のニュースだ、ソフトバンクが金融でニュースになっていないから。~~たいしたことじゃないのかもね。

===

 地下銀行。~~何が違法なのか? 海外、国際送金。の報道。

>出典、http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/crime/2946783/10818077 

>電子マネー使った60億ドル規模の資金洗浄、電子通貨事業者を起訴 、2013年5月29日 、AFP、(一部更新)米ニューヨーク(New York)

 LR(リバティリザーブ、の通貨単位らしい、) その、

> LRの(現金との)両替には第3者の交換事業者の利用が必要とされた。このため、顧客の従来の銀行口座とリバティのシステムの間に直接的な結びつきはなく、LRの匿名性はさらに高まった。

 つまり、だれのカネか、不明だから違法。と、いうことのようだ。

 自分のカネを、ビットコインに「移して」、誰かに送金することは違法ではない。

 ~~と、いうことらしい。外国に送金しても、結果であって違法ではない。  受取人が旅行先の自分である場合もある。 そうだよね。

===