ビットコイン

2014年2月11日 (火)

ビットコインをとりまく世界のメモ(No5)

>ビットコインの自動販売機がアメリカに初登場、ビットコインATMも設置予定、 2014年02月19日 11時30分52秒

>出典、http://gigazine.net/news/20140219-first-bitcoin-vending-machine-usa/

>自動販売機はアメリカドルだけではなく、世界20カ国以上の紙幣に対応しています。

 売りだけなのかな? そうだろうね。

オーストラリアの自動販売機は、買い取りもできるらしい。 つまり、ほうりつのもんだいなんだろうね。 ~~そうだよね。

>Robocoinが「ビットコインの購入と売却が可能なATMを2月の下旬ごろを目安にアメリカのシアトル・オースティン・テキサスに設置する」と発表しました。設置予定のATMにはスキャナーが搭載されていて、

>ユーザーはATMを利用するのにパスポートや運転免許証などのアメリカ政府から発行されたIDが必要です。

 自動販売機で買って、ATMで、売る、(引き出す。)、って、しばらくは出来るような記事。

 そうかな? まあ、きじではそうだね。

===

こんな記事、 すごい。 2014/02/11 火曜日

>Amazonが独自の電子通貨を5月から発行予定。

>この間はFacebookがギフトカード出したし、どんどんやばい。

>HUFFPOST >Posted on 2月 6 / #social #world #cybersecurity #セキュリティ #制度

 元記事らしい。

>Amazon Coins: Retail Giant Announces Its Own Currency

>出典、

http://www.huffingtonpost.co.uk/2013/02/05/amazon-coins-retail-giant_n_2622696.html?tm_hp_ref=technology&ir=Technology#

 ビットコインの成功は、雪崩を打って、電子通貨が流通する。

旗印になって、 すごい!!

===

>08日、3月 2013 年、Bitcoin • 英文ニュース和訳
>ビットコイン決済企業がAmazonショッピングカートとリンク

>本拠地アトランタ、ビットペイ( BitPay )

>Amazonの配送システムを、利用できる。

 したがって、ビットペイの、ビットコイン決済・送金システムは、

アマゾンの、通販システムと、なる。   アマゾンを利用できるって、ことだよね。

 まあ、手数料・配達料、 ~は、とられるのだろう。 けどね。

この記事の日付が、2013年03月、ほぼ、1年前~ で、どうなってるのかね? 

 まったく、ビットコイン決済の、アマゾンって、話題にならないけどね。 ~~話題にも、ニュースにも、できない。

 やばぁ~~いぃ はなしなのかもね。 ?そうだね。 そうだよね。

===

ビットコインのリスクヘッジに、もっと新しい、ドッグコイン!!

とにかく、安く見える。新しい、仮想通貨。

>[CoinDesk] 中国と香港の取引所がDogecoinを上場して価格急騰、Bitcoinのリスクヘッジ先に?  >Posted 2月 14th, 2014 by bitlywatch

>出典、 http://www.bitlywatch.com/2014/02/1286/

>1、ドッグコインの値上がりは、 電子通貨自体の価値、使い方を、 ~~信頼、信用される? 将来につながるか??

>2、Dogecoinの成長が今後も続けばBitcoinのボラティリティに対する保険になり得る。 ~~だろう。

 この二つの、効果・方向が期待されている。レポート記事だ。

ビットコイン、ライトコイン、ドックコイン、と、つづいてきて、

オーロラコインが、アイスランド全国民に献上される。

 ~~と、なると、ビットコインの発行数、の、 上限、2100個は、

そんなに、重要な、意味じゃなくなる。下限、100ドル当たりに収れんするのではないだろうか。

 まあ、どこの国でも、コインは100円くらいだよね。そうだよね。

ニッポンの500円コインは、大きいほうなんだね。 そうだろね。

===

2014年1月31日 (金)

ビットコインをとりまく世界のメモ(4)

> 2014年 2月3日、 ロイター 、  南アフリカの約6年ぶりの利上げに  > ゴーダン財務相、政府が協力する。

  ~~ と、ほうどうされた。

インドでも、つづいて、南ア、利上げしてるところは、余りニュースに出ない。やはり、カネの話は、理想の鏡。 って、ことかもね。

>2014年3月から、ビットコインを受け付ける。と、いう。

>アメリカ・プロバスケットボール、NBAサクラメント・キングスの、オーナーはインド出身。

>出典、http://tomoyasuzuki.jugem.jp/?eid=946

>ビットコインが米スポーツ界にも 、 鈴木友也(筆者) 2014年01月31日 13:06 

===

>中国ビットコインバブル再来なるか、BTCChinaが入金サービスを再開 、2014年01月31日 by CoinChannel

>資金を直接BTCChinaの口座に入金することで再びビットコインを買うことがてきるようになったという。

ビットコイン・チャイナ、と、送金業者の関係が記事からは読み取れないが、~~?? とにかく、元で、ビットコインを買える。 ~~らしい。 

?? おそらく金持が、すーっと、買うのは、障害になるのだろう。

しかし、たんす預金や、国際送金の実需・(日本からの送金とか)出来るなら、ビットコイン本来の価値が発揮される。 って、ことだよね。

===

===

>香港で道行く人に「ビットコイン」のお年玉 総額660万円相当

>香港、ビットコイン取引所が、お年玉、660万配る。(2014年の旧正月)

 使ってもらえば価値が分かる。と、勝負たって、ことだね。

送金業務で食ってる人たちは失業しそうだね。~~そんなことないよね。 ~~だよね。

===

>オーストラリアの企業、ビットコインのATM設置へ(ウォール・ストリート・ジャーナル日本版)、2014年2月7日(金)10:00

> 出典、http://jp.wsj.com/article/SB10001424052702303996604579364232991867734.html?dsk=y

意味不明な、記事だが、どうやら、オーストラリアでは

  自動販売機、とみなされているようだね。 買い取りもする自販機とはいい判断だよね。 資源国だからカネが入ってくるのは歓迎しますって、 そうだよね。 そうだろうね。

> オーストラリアでは、ビットコインのATMは預金受け入れ機関の一部ではなく、

>実質的に双方向(預け入れと払い出し)の機能を持つとみられるため、それを

>運営する上でライセンスは必要ない。ビットコインは法定通貨とみなされていないが、豪財務省はそれを見直すつもりはないとしている。

 ドルでも何でも、入って来い。 ~~ってことなんだね。 そうだよね。

===

2013年12月 3日 (火)

解説らしい、報道のブログ 三篇

報道は、解説して理解できるのが読む価値もあり、うれしい。感謝。

とくに、無料で教えてくれる報道・ブログはありがたい。

3篇は、時間列では逆だからね。(もし、検索>ビットコインで、表示される見出しは、逆順。 となるね、)

>出典、http://blogos.com/article/74415/

>Bitcoin-ビットコイン-とは何か?   >記事、蛯原健、2013年11月25日 11:55、

>ビットコインの本質とは、それが公共的で分散的な会計元帳であるという点である。それがビットコインの基本的なイノベーションである。

>会計元帳とは、一度記帳したらそれを修正してはいけないものである。誤りを修正する唯一の方法は、誤りと逆の金額をもう一行書き加える事である。

 あと付け足す言葉は、総数が決まって 「いる」 ということだよね。

元帳ファイルが、見出し(インデックス)と、記録に分離 「して」 るんだって、ところ。

===

>出典、http://blogos.com/article/74721/

>ビットコインについての様々な誤解  >記事、諌山裕、2013年11月28日 16:14

  >7、「セカンドライフを思い出した」 
  >    セカンドライフは、その仮想空間だけの話だったが、ビットコインは特定の仮想空間ではなく、現実の経済取引の中で流通しているところが違う。

  >2、「胴元はぼろもうけ」 

  >    ビットコインに、いわゆる胴元、発行元というのは存在しない。

    ところが、 胴元はいる。 いるんだね。

スタートしたとき持ってる人は持って 「いる。」   じょうたいからはじまるんだよね。

数学の公理の 「ように」 すでにある(記録されている)  ビットコイン は、絶対に正しい。現金と同じである。  それは一つの数字(ナンバー)、だから、 偽者がない、 二つと、絶対にない。 ゼロから最大発行数までの、自然数の列、 と、表現するのかな

===

>出典、http://blogos.com/article/74882/

>いかにも性格悪そうな銀行のネエチャンをとっぷり眺めながら、ビットコインの将来について考えてみた、 >記事、広瀬隆雄、2013年12月01日 01:10

>「だから……国際電信手数料が45ドルかかります。これはチェッキング口座から引いときます」

>(ちょっと待ってくれ、たかだか15万円くらいのカネを日本に送ったぐらいで、手数料4500円って……)

>「あのなービアンカ、いまにbitcoinがポピュラーになると、こういう殿様商売は、出来なくなるんだよ」

>「bitcoin……なにそれ?」

 おぉ~~そうなんだ。 どこが、銀行とぶつかり、競合する? 値段・コストが、バカ安くなる。

15万円、ホームレスに預けて届けてもらうのは無理な話で、やっぱり預けるには金持でないと、心配だよね。 ~~で、金持はカネ払わないとやってくれないよね。

 タップリはらわないとね。  だね。だよね。

 

2013年11月14日 (木)

No2、ビットコインをとりまく世界のメモ

>出典、http://bitcoin.sblo.jp/article/81378235.html

>2013年11月26日 、 米国連邦選挙委員会、Bitcoin献金は当面却下、「ビットコインメモ」(筆者)、

===

>出典、http://markethack.net/archives/51900882.html

>2013年11月23日09:42 、 中国人民銀行(副総裁)がビットコインを「黙認する」と発言

===

アフリカ、  2013年8月、インテル、11月、 モトローラ 、低価格スマホ

携帯電話の送金が、経済の本流になって、金が流れる。

    メール送金の最先端、市場は、アフリカらしい。 ( そこでは、おさきに、現金払い器械や銀行より、メール決済)  が、すでに主流になって、今後さらに発達する。(もはや、カード決済はないだろう、ATMはともかく、銀行もいらないんじゃないか?)

>出典、http://eedu.jp/blog/2013/08/28/intel-yolo-smartphone/

>ネーミングはラップの歌から! インテル初のアフリカ向け低価格スマートフォン「Yolo」、  「トジョウエンジン 、 2013.08.28 (水)、 (編集長 佐藤 慶一)」

ページにある、関連記事

>ケニアの人々のお金の流れと生活を変えたモバイル送金サービス「M-PESA(エムペサ)」

===

>グーグルの傘下、米モトローラ、低価格の新型スマートフォン(多機能携帯電話)「モトG」を発売。 > 時事通信 11月14日(木)10時8分配信

>低価格で、販売拡大を目指す。 

 

 日本の携帯電話が、高機能だと、時事通信の、記事には書いてるが、    どこ? が、高機能とは書いてない。 

 ただ、高機能だ、と書いてあるだけ、~~実質・高いだけじゃないの???

===

ビットコイン関連の新規参加、が、あいつぎ、銀行取引を停止される。

>出典、http://bitcoin.sblo.jp/article/80964446.html

>ビットコインメモ、「Bitcoin memo」、 P2P型仮想通貨、Bitcoinの気になったニュースを地味に拾うブログ、(※Bitcoinの取引はご自身の判断と責任で)

>(銀行が取引を嫌う理由は、)、そもそも、Bitcoinが銀行の業務と競合していること、Bitcoin業者との取引が利益になりにくい

送金や、ATM使用料、など、カネを動かすと銀行の利益になる。

それを、ただでやってしまう。ビットコインは銀行の敵だ、かたきだ。

それで、ビットコインは止まるのか? ビットコインの価値は銀行とは無縁で、ある、銀行はシステムがビットコインの決済システムとぶつかっている。  衝突しているんだよね。

鉄道が駅馬車を止める。飛脚が郵便を止める。歴史的なしょうとつだもんね。 力関係は、どっちの味方が多いのか。という、社会化の強さだろうよね。

まだ、銀行取引をとめられると、なると、ビットコイン利用を隠す人が多いだろう。 まだしばらくは、銀行のほうが強いということで、多数派なんだろうね。

ただ、将来、ビットコインをとめられるか? それは、疑問だとおもう。 銀行といえ、人間が管理している。 賄賂も犯罪も、あって当然危険あるということだよね。  なら、ビットコインのほうが安全だということになる。

さらに、ビットコインが成功すれば、同じ仕組みの、通貨システムが増幅すると、つまり、ばい菌の様に増えていく。

    とくに、多数決で、正当・価値を、保証する。

    管理者のいない、電子貨幣・トークンの価値は、

    それが交換されうる。 って、だけで、銀行業務を、ほぼ、食いつぶしちゃうようね。 うそだよね。 悪夢だね。 銀行マンにとってはね。

===

>出典、 時事通信 11月21日(木)9時0分配信

>「ビットコイン」に懐疑的=仮想通貨の必要性認めず―NY連銀総裁 (見出し、検索キーワード)

>ニューヨーク連邦準備銀行のダドリー総裁は、~、「どうして代替物を持つ必要があるのか私には分からない」と強調した。 

ビットコインは、銀行が必要ない。 ~~のだから、銀行もビットコインを、「いらない」 だろう。 

そりゃ、当然の話だよね。国家の予算や、税金をあつかう立場の人たちに、銀行は将来も必要だろうとはかんじるけどね。ものを買う決済をする

「だけ」 の人たちには、銀行はいらないかもね。銀行からカネを借りたことありますか? 住宅ローンは投資じゃないからね。

あ、そうか、消費者ローンというのはつい、最近のことなのかな? 昔の銀行はカネを、増やす人にしか貸さなかったのだよね。そういう銀行はもう、いらないのじゃぁないのかな?

あ、うそだよね。銀行マンには信じられないようねぇなはなしで、ビットコインなんか。 まったく必要ないよ。 ~だよね。

===

ペイパル決済、有料の、先行きを何となく不安に思う理由、

ウォレットから、(おそらく、個人のウォレットに、)送金できる。

そして、おそらく、無料で、送金できる。 

  それが、キオスクの、ウォレット(電子財布)。

いま、スマホの、ウォレットから、どこかに送金できないのは、「やらない」 、の、だから。  個人のメールが送れ 「るの」 と、同じ理由で、カネのデータも、送れる。 必要なのは、カネを送った、ウォレットから消す 「こと」 だけ。 使ったカネが、消えればめーるとおなじって、ことなんだよね。 で、ペイパルの有料がつづける。 のかな。 て、のだよね。

>出典、http://blog.livedoor.jp/callthefalkon/archives/34438575.html

>ロシアの電子マネー企業、キウイがウォール街で熱烈支持されている 2013.11.25 、 美惑星フィロソフィア(筆者)

>(電子通貨、キウィは、)~(ATMから、)

>~電子通貨に両替してくれる訳です。

>送金、 ソーシャル・メディアでの「投げ銭」をし、
チケットの予約などをし、と、 色々な取引が出来ます。

ここで、送金の料金が、無料とは書いていない。、のだが、

送金と投げ銭は、利益がでる 「とは」 決まってない、利益のない送金もあるよね。 だが、それを有料にすると、どうなんだろうね。 ~~??? 無料にすると、おきゃくさんあつまってくるね。 そうだよね?  ~~だから、 やっぱ、 ペイパルはどうなるのかね? だよね。

===

>ビットコインでの支払い受付、アメリカのネット販売大手で2014年中に開始 >ハフポスト(筆者)

> ネット小売業のOverstock.comは2014年中にビットコインの支払いを受付ける計画である。

>出典、http://www.huffingtonpost.jp/techcrunch-japan/post_6517_b_4496424.html#

>Overstockは昨年10億ドルをわずかに越える売上を記録した。同社はNASDAQで取引されており、株価はその1年に109.29%上昇した。ビットコインを受け付けるというニュースによって、株価はその日だけで7.77%上がった。


>2013年の後半、数々の小売業がビットコインによる支払いを受け付け始め、OKCupid、Namecheap、Humble Bundleらが名を連ねた。

>慈善団体もデジタル通貨に理解を示しており、それは通常義援金にかかる手数料が不要だからだ。

>もしOverstockが計画通りに進めれば、ビットコインを受け付ける最大の米国拠点小売業者になる。

===

インフレが当たり前の、理由とは? 啓蒙と訳されているスピーチはなんと言っているのかな?

とにかく、変化がはじまり、拡大していく。 と、言うようなスピーチだ。 ビットコインはとめられないと、言っている。 の、だろうね。

とめられない。止まらない。ビットコインの先に変化が広がっている。  んだね。 ~~そんな講演だろうね。 、だおね。

>[ロバートキヨサキ] 貴金属エキスパート マイク•マロニー ビットコインを語る 、ユーチューブ・動画

>出典、http://www.youtube.com/watch?v=yHIXjh2hRcE

===

>出典、 NNA 1月6日(月)8時30分配信

>香港、仮想通貨ATMが香港上陸へ、世界2カ所目

> 世界初 の、昨年10月のカナダ、バンクーバーについで、

>「ビットコイン」向け現金自動預払機(ATM)が、今月末までに設置される見通しとなった。

>5日付サウスチャイナ・モーニングポストが伝えた。

===

>出典、http://japan.cnet.com/news/service/35042348/

>Overstock.com、Bitcoinを受け付け--オンライン小売業者で初
Rachel King (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2014/01/10 11:31

> Overstock.comが米国時間1月9日、決済手段としてBitcoinを受け入れる最初のオンライン小売業者になると発表したことで、BitcoinはEコマースのメインストリームという目標に一気に近づいた。

> Overstock.comは決済の処理とBitcoinの米ドルへの換金に関して、Coinbase.comと提携している。Coinbase.comはBitcoinの売買プロセスを手がけるサンフランシスコの新興企業だ。

 まずは、ウォレットが、あっちもこっちもいっぱい必要だが、やがて、一つのウォレットで、 多種の、通貨を管理できるようになるだろうね。 そうなると、そっちのウォレットのほうが、利用料金を取れるサービスに成長するかもね。

 多数の(内緒の、秘密資金の、)管理はオフライン、で、自分のパソコンだけで管理するようになる。 かもね? 

===

2013年8月23日 (金)

ビットコインを、取り巻く、世界のメモ

>出典、http://ameblo.jp/manila-ceo/entry-11617287516.html

>もう銀行は要らない? 、2013-09-19 、もう銀行は要らない?「マニラではたらく社長のブログ」(筆者)

>以前ココで挙げた、送金ビジネスを徐々にスタートしてみることにする。
>フィリピンでベストなビジネスはこれだ!
>Masterカード付のDebitカードを配布。

 フィリピンでカードをつくらないと、使えないのだろうか?

日本でマスターカードを作って、そのカードをフィリピンに郵送したら同じことなのではないかな?

 マスターカードだけでない話で、デビットカードと銀行預金残高が、まったく同じに使えると、便利だ。

 自分の預金を銀行じゃない、しかも日本のそとで、引き出せると便利だ。

===

>出典、 http://d.hatena.ne.jp/toriaezu/20100315/1268642470

>10/03/15 電子マネーはフィリピーナを救う、 「とりあえずなんですけどね」(著者)

 

>日本だけでなくフィリピンをはじめとする海外での携帯電子マネーの普及によって、海外送金にまで変化が生まれてきている

>これまで「銀行」しかなかった選択肢が徐々に増え始めているというわかりやすい一例。

 2010年3月での話らしい。すごい変化が始まっていて、こういう行為が、違法で「地下銀行、送金」 と書かれ、取り締まられたような報道もあった。(詳しくはわからないが、地下銀行で、検索)

 いまのところ、「タイでは、ビットコインは違法」、という報道があるだけ、なので、

 う~~む。   ビットコインでの送金は地下銀行ではないらしい。

 正当な送金で、ビットコインの送金は無料。 これはすごい。  ビットコインはだれも管理していないから、コストもゼロだから?

===

>すでに先行しているビットコイン以外の仮想通貨にまだチャンスはありますか?

>> http://knoh.jp/answers/78b669f8

>通貨というのは、相手が認識する価値がそのままその価値になる。

>(価値を認められた) Bitcoinは、~ 改良を続けているため、~他の仮想通貨~(より強く早く進化する。)

 ビットコインの価値を利用するほうが、利益になる。と、いうことのようですね。

現実のコンピュータ技術は、ドル札ナンバーを、ぜんぶ記録するのも、軽い仕事だから、全世界の紙幣のナンバーを記録するのも、簡単だろう。

 世界中の札番号が、どこにあるのか? それを、複数のコンピュータで記録すれば「金の保有」と同じ、価値の保障になる。

自分が持っている札ナンバーは、絶対ひとつなんですね。それを使えばなくなってしまう。

    仮想だけど、現実。 

 そんなことを考えました。世はオープンソースですね。

知識の価値は、知ったら、自分のものですから。使い方が鍵ですね。

 使い方を教えない。のが商売の種でしょうか?

>Linux も同じような理由で他のオープンソース OS の先頭に立ってきた。

 リナックスも、なかなか、使い方が難しいですね。

===

>  出典 、2012-11-19 10:11:21 http://hon.jp/news/1.0/0/3896/

オープンソースで、ブログソフト開発してる、ワードプレス(WordPress )は、ペイパル(PayPal) から、ビットコインに変更。

>WordPress 日本語ローカルサイトへようこそ。

>http://ja.wordpress.org/

 ワードプレスは、ブログのソフトウエアを提供するだけのようだ。クラウドの(物理的)ブログサーバーは、利用者が用意するようだ。

===

a、アルゼンチンでビットコインが注目されている。

b、ビットコインの送金は1%、現状の送金手数料、9%以上、そして、国際送金は、なんと、4000億ドル。 だということで、ビットコインの競争力はすごくある。

 など、いろいろおもしろいメモ 以下参照、

>出典、「Bitcoinについての驚くべき5つの事実」、ワシントンポストより。、 http://bitcoin.sblo.jp/article/73472947.html

>出典 2013年04月17日、アルゼンチンのBitcoin事情 http://bitcoin.sblo.jp/article/65027763.html

>出典元の、報道 、Wed Apr 17, 2013 10:3AM GMT、Constanza Heller, Press TV, Buenos Aires

>「Bitcoins in Argentina: How to “beat” government’s dollar exchange controls」

>http://www.presstv.ir/detail/2013/04/17/298779/bitcoins-in-argentina-how-to-beat-governments-dollar-exchange-controls/

>According to local bitcoin’s pioneers, around 2000 users in Argentina have already started to get interested in the online commodity.

 すでに、2000ユーザーが商品をオンラインで、ゲットできる。って、

?? ~~もし、2000のオンライン商店があるならすごい。

  ~~2000人がオンラインで商品を購入した。~~それでもすごい。 

===

>出典、http://blogos.com/article/69512/

>税金安競争が国家を破たんを加速させる 、 記事 かさこ 2013年09月06日 01:12

 だからどうしたらいいの?

  ~~ と、聞いていいですか? > かさこ 様

>さらに2009年にはネット上での国際仮想通貨ビットコインなるものが誕生している。ネット上の仮想通貨で国際間での決済ができるのだ。

 ビットコインの取引履歴は追跡できる。  それにかかわらず、現金にしたときは追跡できない。

>するとどうだろう?外貨両替がいらない。為替レートが無意味。国家の発行している通貨も無意味になる。そもそも税金だってとれない。

 税金は、とれる、

1、銀行口座の名寄せ、生年月日と、名前、住所で、個人の収入は把握できる。

2、不動産に課税、とくに、空き地にかぜいする。  テニスコートやプール、ゴルフ場。   見てわかる、家の大きさに、課税する。

3、外国籍のひとに、公共サービス課税する、(二重生活にふさわしい二重課税をする)(外国船籍の日本の舟から、自衛隊の護衛費用を取る) など、~~

 現在、いまのままで、銀行口座の名寄せするだけで、充分稼ぎは把握できる。 ~~じゃぁないかな?

 どうでしょ? >かさこ 様

 ヨーロッパ、ギリシャ、イタリア、では、航空写真で自宅プールがある家に課税している。らしい、 そのけっか、イタリアは、自宅に課税廃止とか、報道があった。 詳しくはわからないが、税金は金持権力者が、払わないと国家収入もない。 ~~のじゃない??

===

>出典、http://wirelesswire.jp/london_wave/201303171106.html

>P2P海外送金がはやりそうな件 「ロンドン電波事情」、谷本 真由美(たにもと・まゆみ)(筆者)

>(外国の送金希望者に、受け取り希望者を、紹介する)transferwiseはオンライン上で双方のマッチングをやってあげるわけです。

 国際送金しなくても、カネの移動ができる。日本の場合、輸出代金を、工場労働者の海外送金と、交換できる?? と、いう話だが、

この記事は、ロンドンでの話で、イギリスとアメリカでは、合法の送金代替手段になっているらしい。

 売り・送金キボウ 100円、 買い・受け取りキボウ500円、とか、

書くのだろう。どこで、料金を取るのだろう、おそらく、カネ受け取って1%、カネ渡して、1%の 受け渡し手数料だろうね。

 それでも、10%以上の銀行送金より大幅安。

===

 旅行者には、旅をつづけているから国家がなくなる。

>出典、http://kasakoblog.exblog.jp/17333763/ 

>2012年 02月 07日国家がなくなる時代がやってくる「つぶやきかさこ」(著者)

 おもしろい。川の流れのようにすら~と読める名文章。

>しかしこれが全世界共通の、
>フェイスブックポイント1000Pだったらどうだろう?
>為替レートの変動はないし、
>世界共通通貨のネット上のポイントで相互に決済すれば済んでしまう。

 そうだよね。これこそ、通貨価値・交換価値。

だからこそ、1000ポイントが、1万ポイントになったら、900P税金払う。って、ことでいいんじゃない。

 問題は、フェイスポイントと、ビットコインとか、ほかのカードのポイントも、全部隠さないこと。

どこで納税するかは、また、大きい難問ではありそうだが、居住地で納税するのかなぁ??

===

ラインの仮想通貨、ジェム。

>アバターサービス「LINE PLAY」の海外ユーザーが600万人突破、

>アイテムを仮想通貨(ジェム)に換金できる「リサイクル機能」など新たな機能を搭載した。

通貨・決済機能を、Webに作るのは簡単なような情勢だ。

信頼・悪意、犯罪がなければ、まあ、家計簿を作るようなものだからね。

それだからこそ、利用してもらうのは難しいのだろう。

そこで、一気に、反対に難しく訳の判らない。決済機能を装備して、

 まず、貯蓄してもらう。戦略的な通貨設計をしたように、読める。

もちろん、トークン単位や総数は、まったく不明。トークン一個の価値も、バラバラのようだ、トークンのイメージはダイヤモンド。

 分割できないトークン(ジェム)を、複雑にゲームの中でつかって、

価値を増やしてもらう。~~そんな戦略? (*^_^*)笑い

>出典、http://appwoman.jp/archives/40434

>小学生が深夜まで!? 知っておきたいLINE Playのリスク

===

>出典、http://www.isijapan.co.jp/blog/2013/10/dwolla-c52a.html 「カードBizと僕の勝手気ままログ」(筆者)

>Dwollaがビットコイン中止 、 2013年10月20日 (日)

>モバイル決済のドゥオラ(Dwolla)は、ビットコインの現金化サービスを中止すると発表した。

> ビットコインの現金交換や関連するサービスをすべて中止する。ドゥオラは当局からの業務改善や警告がでる前に全面中止を決めた。

ドーラは、

>出典、http://www.isijapan.co.jp/blog/2011/07/dwolla-348c.html

>FacebookやTwitterのアカウントへ送金できるサービス、 Dwolla(ドゥオラ)

ここでは、25セント定額と、書いてあるが、ほかのWebページに、

>実際に送金に掛かる手数料は「10ドル以下は無料、それ以上の決済は25セントのみ」であり、Dwollaはサイトの至るところで「米国で一番安い送金ネットワーク」と謳っています。

>http://www.ikedahayato.com/index.php/archives/7217

>次期Paypal?金融系スタートアップDwollaが熱い—もっともシンプルで安価な送金サービス

いずれも、アメリカ国内のみのサービス。クレジット情報をドーラだけで処理する。(おそらくトークン方式のウォレット)なので、安上がりに送金できると書いてある。(どんな仕組みか? 内容はいまのトコ不明)

>出典、http://blog.infinity-solutions.jp/2012/12/03/payment-service-startup-dwolla/

>「インフィニティソリューションズ株式会社ブログ」(筆者)

>決済サービスのスタートアップDwolla、黒子に徹するサービス開始

>  クレジットカード会社を「飛ばし」ているため、その分安くできる。面白い。

いずれも、決済サービスは、通貨(トークン)の発行者になる。これはクレジットカードから、個人送金するとき、相対する両者のクレジット情報を通知しないシステムは、一時的に、価値をトークンに置き換えれファイルに記録する。支払い受け取りどっちにしてもクレジット会社は有料だから、そこを省くのが、当たり前な進化の方向だろうね。

ダーウインの見つけた合理化、省力化は、進化というわけだね。

===

>出典、http://indonesia-news.biz/?p=3846

>セブン銀行がインドネシアで14年春ATM事業に参入

>(他社銀行の)キャッシュカードの~ ATM、手数料、~ 比較的高く、高収益が見込めると判断した。同国にはには約6万台のATMがあり、年間1万台近いペースで増えている。

 現金・紙幣が、流通するあいだは、ATMが、経済の水道蛇口になっている

 。  ~~現金が、いつまで、~~買い物のしゅやくだおうかにゃ??

 

2013年8月20日 (火)

リップル、電子通貨のメモ

2013年2月までに、ウォレット(電子の財布)をつくると。1000リップルも、もらえた。

 すこし出遅れてしまった。もっとも、US銀行口座のナンバーが必要だったから、どっちにしても、1000リップルは絵に描いたモチだったかな。

  作ったウォレットは ひとまず、カラの財布。

まだ、日本ではキャンペーンが始まっていない。どこかの企業が決済に使うとリップルの価値がドカンと上がる。そのまえに、すこしほしいなぁ。

 1、リップルのおもしろい仕組み。

リップルの価値は多数決で守る。想像すると、たぶん、ウォレット処理がずらっと行列していて、それとは別の、コンピュータの賛成・同意で、記録を書き換えるのだろう。

 で、処理が終わると、行列しているウォレットをぜんぶ書き換えて、

 次のウォレットの処理にかかる。

 だれのウォレットの処理に、だれが賛成するか? わからないので不正は出来ない。

 もし、誰かが、大量の価値があると書き込んでしまったら。それでもよい。

 価値を使うとなくなってしまうので、賛成・多数決に参加できない。

 やることが決まっている。コンピュータに任せてしまうのが、

 安全・信頼の鍵らしい。何台のコンピュータで多数決するのか?

 おもしろい。

===

平成25年(2013年)10月29日(火)、現在。

リップルは、200ドルを超えている。 

 ああ~~ぁ、1000リップルもらっていたら。20万ドル。

(為替80円で1600万円? 計算間違ってないよね?? ただ、でもらえる1600万円 だよぉ~~ )

 この先、どれくらい価値が上がるか? ま、先のことはわからないが、ビットコインの成功を踏み台にして、ビットコインの価値が最初から同等にある。  同等に評価されている。 ~~ようである。

 そこで、チャートで見ると、

わずか3ヶ月、 たった120日、  で、40ドルが200ドルである。ああ~~ぁ、投資しておけばよかったなぁ。

このさき、 1年もかけずに、 すぐに1000ドルを超えると思う。

 あ、私はまだ、リップルもっていません。 利害はまだありません。

~~あぁ、リップルほしいなぁ。

ビットコインのメモ

 ビットコインのウォレットに、トラブル・脆弱性、

    あたらしいウォレットをつくり、

    中身をぜんぶ移す。対策が推薦される。

以下参照

>古いウォレットの利用を停止することが推奨されている。

>ko-zuの日記: 「Android上で生成したBitcoinウォレットに脆弱性」、日記 by ko-zu 2013年08月13日 17時34分

>http://slashdot.jp/~ko-zu/journal

===

>仮想通貨「ビットコイン」、ドイツ財務省、「私的な通貨」としての利用を認めた。8月20日(火) 9時29分-ヨーロッパ(時事通信)

===

>アメリカ、NY金融当局、  仮想通貨ビットコイン、関連企業から、聞き取り調査のため召喚状を出した。 8月13日(火) 10時56分-経済総合(Bloomberg)

>> すでに連邦レベルでは、ビットコインはドルなどに、「交換できる金融商品」と、の、報道あり。

===

>タイ当局、仮想通貨「Bitcoin」を違法と判断 、 2013.7.31 WED   現地(タイ)のBitcoin社は休業を余儀なくされた。

===

>出典、>Impress Watch 2013年8月19日(月)11時0分配信 、ビットコイン、サービス会社、米Coinbaseは15日、携帯電話のSMS(ショートメッセージサービス)(携帯メールと同じ機能??)で、決済。

>コインベース(米)社のウォレットと、US銀行口座が必要。同社に通話をしたあと、送金先メールアドレスに、送金の手続きする。

> コインベースは、ドルからビットコインに交換したり、ビットコインからドルに戻したりする時に1%の手数料をユーザーに課して収益を上げている。 出典、2013年 5月 09日 14:17 JST、Wsj、「仮想通貨ビットコインの新興企業、投資家から資金集め開始」、By SARAH E. NEEDLEMAN, SPENCER E. ANTE、http://jp.wsj.com/article/SB10001424127887323605404578472070033026976.html

===

>2013年8月21日 出典、(ブルームバーグ):中国で仮想通貨ビットコインのブームがますます加速している。
>(中国、北京在住のひとが、) オンライン取引所「796Xチェンジ」に3000ドル(約29万円)余りを投資(ビットコインを購入)した。
>さらに、この取引所ではバーチャルな新規株式公開(IPO)も行われている。

>(仮想株式公開、された、)「796Xチェンジ」社の株は、約46%上がっている。 と、報道された。

 この報道は、中国において、ビットコインの価値がドルや、元など、他の通貨と連動して、為替の損益をもたらすことを、隠すために。
わかり辛く書いてある。~~と、感じた。

 報道の骨子は、中国でもビットコインはかえる。元で買えるかは説明されていない。~~が、おそらく元でもビットコインは買えるのだろう。~~ドルでしか、買えないのなら報道する価値はないだろう。

===

> 2013/08/28(水) 2013/08/28(水) 米財務省、でマネーロンダリング対策の、 FinCEN

>仮想通貨「ビットコイン」の取引所を運営する団体も既存の金融機関と同じ規制に従う必要があるとの見解を示した。 出典、> ウォール・ストリート・ジャーナル日本版 - 9 時間前

 アメリカでは、すでに、ビットコインは、「ドルなどに換金できる。金融商品」と報道・定義されている。 WSJは、詳細を有料記事にしている。アメリカの規制は、世界に通知する、発信なのになんでウォールストリートジャーナルが有料記事にできるの? アメリカの財務省はみんなに通知したいのでは? まあ、知らなかったといって罰はのがれられないだろうけどね。

===

>出典、検索サイト、「Numzon」、

>https://numzon.com/tagged/登録者数/

>マウントGOX  ビットコイン Bitcoin  登録者数

>“米国人が36%を占め、次いで英国人7%、中国人5%、日本人は約1650人と1%にも満たない。”

 筆者の情報元は不明だけど、どこかに、ビットコインのデータがあるらしい。

ビットコインは全部ひも付き取引ということかな?

===

リップル、たくさん欲しいおぉ

リップルとビットコインを集めたいなぁ。 だれかくれない??